フットボールチャンネル

Jリーグ 2週間前

異例の形。浦和レッズはなぜ渡邊凌磨のSB起用にこだわるのか。「話し合いの中で…」指揮官からのメッセージと狙い【コラム】

シリーズ:コラム text by 元川悦子 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

明治安田J1リーグ第5節、浦和レッズ対アビスパ福岡が30日に行われた。浦和は先制されながらも後半に2点を奪い、2-1の逆転勝利を収めている。試合の流れを変えたのは59分の交代。本職左SBの大畑歩夢が入ったが、左SBを務めたのは本職MF渡邊凌磨のままだった。なぜ指揮官は渡邊のSB起用にこだわるのか。(取材・文:元川悦子)


「自分たちも迷いながらやってる感覚」

30日に行われた明治安田j1リーグ第5節、浦和レッズ対アビスパ福岡
【写真:Getty Images】

 3月の代表期間が明け、中断していたJ1リーグが再開。今季、優勝候補筆頭と目されながら、開幕4戦を1勝2分1敗の13位と出遅れを余儀なくされた浦和レッズは30日、アビスパ福岡をホーム・埼玉スタジアムに迎えた。

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 浦和対福岡と言えば、2023年のYBCルヴァンカップ決勝と同カード。昨年11月4日の東京・国立競技場での一戦は、浦和が押し込みながらも堅守の福岡に跳ね返され、1-2で苦杯を喫している。5ヶ月前と同じ轍を踏むことだけは許されなかった。

 ペア・マティアス・ヘグモ監督は17日の前節・湘南ベルマーレ戦から3枚替え。興梠慎三、関根貴大、小泉佳穂に代わってチアゴ・サンタナ、大久保智明、岩尾憲を先発に抜擢した。ケガで長期離脱していた大久保の復帰はチームにとって朗報。この日は右ウイングに前田直輝、左ウイングに大久保というダブルレフティが並ぶことになった。

 彼ら両翼が積極的に仕掛けて、福岡の堅守をこじ開ける展開が期待されたが、前半の浦和は相手のマンツーマンディフェンスに苦しんだ。特にサミュエル・グスタフソン、岩尾、伊藤敦樹の中盤3枚のバランスやポジショニングには苦慮している様子だった。

「敦樹と目を合わせながら、サミュエルともコミュニケーション取りながら、少しずつポジション変えてやってみたんですけど、自分たちも迷いながらやってる感覚があって、効果的にボールを運んだり剥がせなかった」と岩尾も連係面の難しさを吐露していた。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top