酒井宏樹

gen

カタールW杯へ提言したいスタメン案。4年後の日本代表イレブンをFチャン編集部が厳選 【編集部フォーカス/ロシアW杯】

 ロシアワールドカップにおいて、日本代表は下馬評を見事に覆しベスト16進出を果たした。今大会はベテランが力を発揮したが、今後は若手の台頭が求められる。今回フットボールチャンネル編集部では、4年後のカタール大会でスタメンに名を連ねることが期待される11人を選出した。

日本代表

西野ジャパン、一瞬でも…夢をありがとう。敗戦も強豪ベルギーを追い詰める【どこよりも早い採点/ロシアW杯】

現地時間7月2日、日本対ベルギーの一戦が行われ2-3で敗戦。西野ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

ポーランド戦、失われた90分。奇跡の決勝T進出も…先発入れ替え裏目で“別のチーム”に【どこよりも早い採点/ロシアW杯】

現地時間6月28日、日本対ポーランドの一戦が行われ0-1で敗戦。西野ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

セネガル戦、今度は乾が半端ない! 本田もゴール。決勝Tへ前進するドロー【どこよりも早い採点/ロシアW杯】

 現地時間6月24日、日本対セネガルの一戦が行われ2-2で引き分け。西野ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

180621_osakora_getty

ドイツメディアが見た日本。「本命にとって悪夢の始まり」。“ドイツの兵士たち”の躍動を賞賛【ロシアW杯】

 日本代表は19日、ロシアワールドカップ・グループリーグH組第1節においてコロンビア代表を2-1で下して白星発進を飾った。日本中を歓喜に包んだこの一戦を、ドイツメディアはどのように報じたのか。(文:本田千尋)

日本代表

コロンビア戦、香川先制に本田アシスト。2大エースの活躍で“満点の奇跡”【どこよりも早い採点/ロシアW杯】

6月19日、日本対コロンビアの一戦が行われ2-1で勝利。西野ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

180614_hiroki1_getty

酒井宏樹はネイマールにも負けなかった。マルセイユで築いた地位、日本代表最高ランクの実力者【西部の目】

 天性のスピードと恵まれた体躯でサイドを制圧する酒井宏樹。豊かな才能を持ち、努力も怠らない彼は、サイドバックとしての能力を引き上げてくれる優秀なパートナーと出会ってきた。ロシアワールドカップが目前に迫る中、状態は少しずつ上向いている。海外組屈指の実力者に成長した28歳は、満を持して世界の大舞台に立つ。(文:西部謙司)

日本代表

パラグアイ戦、香川がトップ下で躍動! 乾が示した世界との戦い方【どこよりも早い採点】

6月12日、日本対パラグアイの一戦が行われ4-2で逆転勝利。西野ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

乾貴士

日本、W杯へ一筋の光…乾&香川のゴールで4得点。大会前最終戦でパラグアイに勝利

日本代表は12日、国際親善試合でパラグアイ代表と対戦した。

本田圭佑

スイス戦、本田トップ下は失格。決定機なくW杯へ課題山積み【どこよりも早い採点】

現地時間6月8日、日本対スイスの一戦が行われ0-2で敗戦。西野ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top