フットボールチャンネル

フォーカス 4週間前

最高額は誰だ! サッカー日本代表デビュー時の市場価値ランキング11~20位。高額だったのは?

シリーズ:日本代表市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

 並外れたタレントのみがたどり着けるサッカー日本代表。彼らはデビューした時にどのように評価されていたのか。今回はデータサイト『transfermarkt』が算出したデータをもとに、歴代日本代表選手デビュー時の市場価値ランキングを紹介する。※金額が並んだ場合の順位はサイトに準拠。


20位:土居聖真(鹿島アントラーズ)

土居聖真

【写真:Getty Images】

生年月日:1992年5月21日(31歳)
デビュー:2017年12月12日
デビュー時の市場価値:150万ユーロ(約2億1000万円)
デビュー時の所属クラブ:鹿島アントラーズ

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 
 サッカー日本代表デビュー時の市場価値ランキングで20位にランクインしたのは、鹿島アントラーズに所属するFW土居聖真だ。日本代表デビューを果たしたのは、2017年12月12日に行われたE-1選手権第2戦の中国代表戦である。中国戦でスタメン出場を果たし、日本代表は2-1の勝利。続く第3戦の韓国代表戦でも先発出場となり、代表2キャップ目を記録した。

 代表デビューの年となった2017シーズンでは公式戦50試合に出場して6得点9アシストを記録。その時の市場価値は150万ユーロ(約2億1000万円)で、そこからさらに上がり、最高は2019年12月時点の230万ユーロ(約3億2200万円)だった。E-1選手権以降、日本代表ではプレーしていないが、常勝軍団・鹿島には欠かせない存在である。

 土居はジュニアユース時代から現在まで鹿島一筋でプレー。主にトップ下やサイドでプレーし、時にはセンターフォワードやサイドバックでも起用され、ユーティリティー性もある。豊富な運動量を武器に、90分を通して前線から後方まで動ける選手だ。オフザボールの動きの質も高い。

 これまでAFCチャンピオンズリーグ(ACL)やJ1リーグのタイトルを獲得してきた土井だが、2018年のクラブワールドカップでレアル・マドリード相手に決めたゴールは印象的だ。3点ビハインドの後半、巧みなボールコントロールを見せて、ティボー・クルトワからゴールを奪ってみせた。

 31歳となったベテランFWは鹿島で通算453試合に出場。クラブ歴代5位の数字となっている。どこまで記録を伸ばせるか注目だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top