フットボールチャンネル

フォーカス 3週間前

最高だったのは? 五輪サッカー日本代表、歴代最強のOA選手6人。大舞台で実力を示した大物たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

サッカーU-23日本代表は、「AFC U-23アジアカップカタール2024」を勝ち上がり、同大会で優勝するとともにパリオリンピック2024(パリ五輪)出場権を掴み取った。五輪本大会にはどのようなメンバーで臨むのだろうか。今回は日本の五輪サッカー史を彩る「最強」のオーバーエイジ(以下、OA)招集選手たちを紹介する。(スタッツはデータサイト『transfermarkt』を参照)


GK:楢崎正剛

生年月日:1976年4月15日
OA招集:シドニー五輪(2000年)ベスト8

U-23日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 日本サッカー史に名を刻むレジェンドGK楢崎正剛は、オリンピックでも存在感を発揮した。

 フィリップ・トルシエ監督は、2000年に開催されたシドニー五輪のOA枠に楢崎を選出した。当時24歳だった楢崎は正GKとして同大会のグループリーグ全3試合に出場。安定したパフォーマンスで後方からチームを支えた。日本はロナウジーニョ擁するブラジルとの第3戦こそ0-1で敗れたものの、第1戦、第2戦で勝ち点6を積み上げ、32年ぶりの決勝トーナメント進出を決めている。

 しかし、楢崎の真価が発揮されたのはここからだった。

 準々決勝のアメリカ戦で、守護神にまさかのアクシデントが起きる。得点力に定評があったアメリカに2-1とリードしていた中、76分に楢崎が負傷してしまうのだ。相手のロングパスにゴール前へ飛び出して対応しようとした楢崎と、頭で跳ね返そうとしたDF中澤佑二が衝突。前者は鼻から出血し、後者は頭部を痛めた。しかし、楢崎は黄色のGKユニフォームが血で赤く染まってもプレーを続け、アメリカの攻撃陣から文字通りゴールを死守した。

 最終的にこの試合はPK戦までもつれ込み、日本が惜敗。その後の検査で、楢崎が「眼窩底骨折」の大怪我を負いながらプレーを続行していたことが判明している。ベスト8で若きサムライたちの旅は終わってしまったが、楢崎の勝利への貪欲さと、大会への強い思い、プロフェッショナルとしてのプライドが垣間見えた大会となった。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top