吉田麻也

日本代表

日本代表、3バックとともに歩んだ歴史。5年ぶり復活…西野流は完成するのか

日本代表はついに新布陣のテストを開始した。西野朗監督は3バックの戦術練習を披露。選手たちもポジティブに捉えているようである。過去にも3バックを採用したことはあったが、それらと今回とでは何が違うのだろうか。そして西野流新戦術に希望はあるのだろうか。(取材・文:元川悦子)

20180526_moto_getty

西野監督が断言した3バック導入。W杯の成功=守備的日本代表。カギ握る「守備のビッグ3」

日本代表はロシアワールドカップに向けて調整を進めている。西野朗監督が3バックの導入も示唆している中で、真価が問われるのは「守備のビッグ3」と言える3人の経験豊富な選手たちだ。彼らに求められるプレーとはいかなるものだろうか。(取材・文:元川悦子)

吉田麻也

吉田麻也が語る勝利への「3ヶ条」。積み重ねた80戦の軌跡とプレミアでの自信がもたらすもの

日本代表は、30日に行われるガーナとの親善試合に向けて合宿を行っている。この試合から指揮を執る西野朗監督は3バックの導入が噂されている。DFリーダーとしてチームをけん引する吉田麻也が、歴戦の中で培った経験によって膨らませた守備へのイメージとは? (取材・文:藤江直人)

岡崎

岡崎・吉田よ、監督続投なら移籍せよ。“節穴”と“失格者”の指揮官に未来なし【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

岡崎慎司の所属するレスター・シティ、吉田麻也の所属するサウサンプトンはともにシーズン途中で指揮官交代に踏み切った。しかし、レスターのクロード・ピュエル監督は戦力を見誤り、サウサンプトンのマーク・ヒューズ監督は既に時代に取り残された過去の人。クラブが2人の続投を選択するならば、移籍を視野に入れるべきでは…。(文:粕谷秀樹)

吉田麻也

吉田麻也、サウジ移籍話の真相は…? 相思相愛のサウサンプトンで果たしたい究極の目標

先日、インターネット上にある噂が飛び交った。それはサウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、サウジアラビアの強豪アル・ヒラルへの移籍で合意に至ったというものである。本人はプレミアリーグ残留に向けた戦いに身を削っている最中。そんな状況で出た移籍話について、吉田が重い口を開いた。(取材・文:松澤浩三【イングランド】)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top