サッカー日本代表のゲームプランは正しかったのか?鎌田大地の懸念と堂安律の反省【カタールW杯】

2022年11月28日(月)8時02分配信

シリーズ:コラム
text by 元川悦子 photo Shinya Tanaka,Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

 サッカー日本代表は現地時間27日、FIFAワールドカップカタール・グループE第2節でコスタリカ代表と対戦し、0-1で敗れた。前半は互いに消極的なプレーに終始し、日本代表は後半に攻勢を強めたが得点には至らず。彼らのゲームプランは正しかったのか。選手と監督の証言をもとに妥当性を検証する。(取材・文:元川悦子【カタール】)


計りかねたコスタリカ代表の戦い方


【写真:田中伸弥】

 初めて出場した1998年のフランスワールドカップ(W杯)以降、日本代表は初戦から連勝したことがなかった。それでも、23日のドイツ代表戦で歴史的勝利を挙げた今回のカタール大会は、27日のコスタリカ代表戦でも3ポイントを手にし、史上初のベスト8への布石を打ちたかった。

【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】


 森保一監督は先々の戦いも視野に入れつつ、27日の第2戦はスタメン5人入れ替えを断行。ドイツ代表戦で同点弾を決めた堂安律やドリブル打開力のある相馬勇紀、今季ベルギー1部で7ゴールを挙げる上田綺世ら東京五輪世代を軸としたアタッカー陣を配置。フレッシュな面々の勢いに期待した。

「正直、相手が前からプレスをかけてくるのか、ブロックを引いて守備を固めてくるのかまだ分かんない」とキャプテン・吉田麻也も語っていた通り、スペインに7失点大敗した彼らの戦い方は未知な部分があった。

 しかし、日本代表は相手の出方を伺う前から相馬の鋭い突破で相手に脅威を与える。そのカウンターパンチはコスタリカ代表にとって迫力十分だった様子。警戒心を募らせた彼らは瞬く間に原点回帰を図り、5-4-1の布陣で強固なブロックを敷いてきたのだ。

 そうなると、日本代表はアジア最終予選のようにボールを回しながらも決定機を作れないという悪循環に陥りがちだ。13分には吉田のロングパスを堂安が受け、山根視来とのワンツーからペナルティエリア内を抜け出し、右の角度のないところからシュートを打ちに行くが、前半のチャンスらしいチャンスはこのくらいだった。

1 2 3 4

新着記事

↑top