ワールドカップ

カタールワールドカップ

各大陸ワールドカップ予選、そのルールは? 恐怖のアフリカ、欧州や南米は過酷。一方アジアは…【編集部フォーカス】

すでに開催されている2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選。日本代表は初戦でミャンマー代表を2-0で下すなど、幸先良いスタートを切った。これから他の大陸でも続々とワールドカップ予選が開催されることとなるが、それぞれのレギュレーションはどうなっているのだろうか。今回フットボールチャンネル編集部では、各大陸のワールドカップ予選のレギュレーションを解説していく。

日本代表

日本代表、ミャンマーに2-0快勝。中島翔哉&南野拓実ゴールでワールドカップ予選白星発進

日本代表は10日、カタールワールドカップ・アジア2次予選 第1節でミャンマー代表と対戦した。

AL WAKRAH, QATAR - MAY 16: A general view of Al Wakrah Stadium on May 16, 2019 in Al Wakrah, Qatar. Qatar's Supreme Committee for Delivery & Legacy launches Al Wakrah Stadium, the second FIFA World Cup Qatar 2022 (TM) venue. (Photo by Christopher Pike/Getty Images for The 2022 Supreme Committee for Delivery and Legacy)

【日程・組み合わせ】カタールワールドカップ・アジア2次予選

サッカー日本代表が出場する2022FIFAワールドカップカタール・アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選の試合結果・順位表は下記の通り。

アメリカワールドカップ

94年アメリカW杯準々決勝。いま見ても胸が熱くなる、そんな一戦。振り上げた拳と雄叫びが呼んだ感動【私が見た平成の名勝負(13)】

各ライターの強く印象に残る名勝負をそれぞれ綴ってもらう連載の第13回は、平成6(1994)年7月10日に行われたアメリカワールドカップ準々決勝・スウェーデン代表対ルーマニア代表。PK戦までもつれ込んだ一戦は、今思い出しても胸が熱くなる、そんな終幕となった。(文:小川由紀子)

0726nishino_thailand_getty

タイ西野朗監督「どうしてこうなったのでしょうか…」。隠しきれない戸惑いと固めた決意

2022年に行われるカタールワールドカップへの出場権をかけたアジア2次予選の組み合わせ抽選会が、今月17日に行われた。西野朗が監督に就任したタイ代表は、UAE、ベトナム、マレーシア、インドネシアとグループGに入った。5カ国中、4カ国が同じ東南アジアの国になったことに、西野監督は戸惑いを隠せなかったという。実力が拮抗した激しい戦いが予想されるタイ代表を率いる西野監督は、決意を固めている。(取材・文:藤江直人)

新着記事

FChan TV

↑top