Home » Jリーグ » 「濃野公人は鹿島アントラーズで大きく飛躍できる」大津高校時代の恩師が明かす素顔「内田篤人さんのような…」【コラム】

「濃野公人は鹿島アントラーズで大きく飛躍できる」大津高校時代の恩師が明かす素顔「内田篤人さんのような…」【コラム】

2024年02月11日(日)10時00分配信

シリーズ:コラム
text by 元川悦子 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

 Jリーグプレシーズンマッチ『いばらきサッカーフェスティバル』が10日に行われ、鹿島アントラーズは1-0で水戸ホーリーホックを下した。ランコ・ポポヴィッチ監督を招聘して再出発を図る鹿島は、この試合で変化を見せている。中でも、大卒ルーキーの濃野公人は期待を抱かせるパフォーマンスを披露した。(取材・文:元川悦子)


鹿島アントラーズの再出発

鹿島アントラーズDF濃野公人
【写真:Getty Images】

 鹿島アントラーズは再出発を図るべく、かつて大分トリニータを皮切りに、FC町田ゼルビア、FC東京、セレッソ大阪とJリーグ4クラブを指揮したランコ・ポポヴィッチ監督を招聘した。昌子源や荒木遼太郎が抜け、外国人選手も揃って入れ替わるなど大きな変革があったため、今季の動向を懸念する声も少ない。

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
月額720円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 先月の宮崎キャンプ中には、今季から10番を背負う柴崎岳、エースFW鈴木優磨の両看板選手が揃って負傷。若きDFの柱・関川郁真もケガに見舞われただけに、今季初のお披露目試合となった2月10日のいばらぎサッカーフェスティバル・水戸ホーリーホック戦のメンバー構成が注目されていた。

 指揮官が送り出したのは非常にフレッシュなメンバーだった。まず前線に新加入FWアレクサンダル・チャヴリッチとベテラン・土居聖真を抜擢。ボランチにはこれまで長くFWをやっていた知念慶をコンバートし、樋口雄太と組ませる形を採った。さらに最終ラインも、プロ2年目の津久井佳祐をセンターバック(CB)に据え、右サイドバック(SB)に関西学院大から加入した1年目の濃野公人を起用しており、新顔たちのパフォーマンスが注目された。

 この日の鹿島は序盤からいいリズムでボールをつなぎ、主導権を握った。中盤の知念も大きな展開やパス出しを披露。チームに新たなエッセンスをもたらした。

1 2 3 4

新着記事

↑top