フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

サッカー日本代表、ミャンマー代表戦予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。新たなオプションを発見できるか?

シリーズ:日本代表予想スタメン&フォーメーション text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

 サッカー日本代表は6日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選でミャンマー代表とアウェイで対戦する。すでにチームは最終予選進出を決めており、不戦勝扱いとなったアウェイ・北朝鮮代表戦も含め、目下4連勝中だ。次のステージに向けて勢いに乗る日本代表は、どのような布陣でこの一戦に臨むだろうか。先発メンバーを予想する。


GK

サッカー日本代表GK大迫敬介
【写真:Getty Images】

生年月日:1999年7月28日(24歳)
所属クラブ:サンフレッチェ広島
2024リーグ戦成績:16試合15失点
日本代表通算成績:7試合6失点

 今回の代表には3人のGKが招集されているが、6日のミャンマー代表戦では大迫敬介の起用を予想する。Jリーグではサンフレッチェ広島の守護神として活躍する同選手は、アウェイの難しい環境下でもゴールを守ってくれるだろう。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 今季リーグ戦16試合のうち、大迫は6つのゲームでクリーンシートを達成している。さらにデータサイト『Sofascore』によると、今季のリーグ戦において同選手が3人のうち最も高い値を記録しているのが「Runs out」である。すなわち、「GKがペナルティーエリアから飛び出してボールを奪い、ポゼッションに繋げる回数」のことだ。従ってこの数値は、大迫の可動域の広さとカバーリング能力の高さを示している。

 また、日本代表のキャップ数「7」も3選手のうち最多で、チームにおける経験値で考えても、大迫が起用される可能性は高いだろう。ミャンマー代表戦は日本代表がボールを保持する場面が多くなることも予想され、同選手の可動域の広さはチームに大きな影響があると見られる。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top