フットボールチャンネル

日本代表 2週間前

【サッカー日本代表スタメン案】破壊力が抜群!? ミャンマー戦、3-4-2-1採用で使うべき選手は?

text by 編集部 photo by Shinya Tanaka

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表は6日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップサウジアラビア2027予選、グループリーグB組第5節でミャンマー代表と対戦する。この一戦に、森保一監督はどのようなメンバーを送り出すのか。ここでは、ミャンマー代表戦の日本代表スタメン案を紹介する。


様々なことを試す絶好の機会に


【写真:田中伸弥】

「この2戦で選手を、そしてシステムを試すこと。戦術的な浸透度を全体的に上げていき、3次予選につなげていけるように活動していきたいと思います」

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 サッカー日本代表を率いる森保一監督は、先日のメンバー発表会見でこのように話していた。

 AFCアジアカップカタール2024で不本意な結果に終わった日本代表は、3月シリーズ初戦、ホームで行われた北朝鮮代表戦で1-0と勝利。アウェイ・平壌で行われるはずだった同国代表との2戦目が急遽開催中止となり、日本の不戦勝扱いとなったことで、早々に2次予選の突破が決まった。

 この結果、6月シリーズの2試合はいわば“消化試合”となる。しかし、冒頭の森保監督のコメントにもある通り、新たな選手やシステムを試す絶好の機会にもなった。とくに注目なのは、システムだろう。これまで4バックスタートがメインだったが、今シリーズでは3バックの長時間採用にも期待がかかる。招集された選手の適性を総合すると、3-4-2-1が最も各々の能力を引き出しやすい形と言えるかもしれない。

 スタメンは、選手層が厚い分、様々な組み合わせが考えられるが、格下相手に守備的になる必要がないことは確かで、むしろ超攻撃的でもいいだろう。前回対戦時は5-0だったが、今回は2桁ゴールを目指す勢いで戦ってほしいところだ。

 GKはおそらく出番が少なく、誰がピッチに立っても遜色ないはずだが、ここでは谷晃生の先発を推薦する。FC町田ゼルビアで好調なだけに、6月シリーズ初戦で抜擢してもいいだろう。

 3バックは右から橋岡大樹、谷口彰悟、伊藤洋輝の3人だ。今季ブンデスリーガでシュトゥットガルトの躍進に貢献した伊藤は、日本代表では左サイドバック起用がメインだが、本来の力を発揮できているとは言い難い。ただ、3バックの左はクラブでも対応してきたポジションであり、ここならドイツで見せているようなプレーを発揮してくれるかもしれない。

 橋岡は本職サイドバックの選手だが、対人守備に優れており、CBに入っても問題ないはず。機動力があるだけに、ウィングバックのカバーリングや可変時のスライドにも素早く対応してくれるだろう。

1 2 3

KANZENからのお知らせ

scroll top