フットボールチャンネル

日本代表 1か月前

もともと接戦体質。サッカーU-23日本代表、僅差勝ちを可能にする材料とは?【西部の目/U-23アジアカップ】

シリーズ:西部の目 text by 西部謙司 photo by 2024 Asian Football Confederation(AFC)

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

サッカーU-23日本代表は25日、AFC U-23アジアカップカタール2024・準々決勝で開催国のU-23カタール代表と対戦。相手に退場者が出ながら一時逆転されるなど苦しんだが、延長戦の末、最終スコア4-2で勝利し、パリ五輪出場権獲得に向け一歩前進した。“接戦”はこのチームの特徴と言えるかもしれない。(文:西部謙司)


電光石火の先制ゴール。その後は…

U-23日本代表
【写真:2024 Asian Football Confederation(AFC)】

 2分で山田楓喜の先制ゴール。関根大輝の相手陣内深くへのロングパスはカットされたがU-23カタール代表のDFの緩すぎるバックパスを山田が奪い、そのままカットインして左足を振り抜いた。

U-23日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 ファーポストへのシュートコースを切っていたDFの左側をボールが通っているので、GKにはボールが見えにくかったはずだ。ファーもニアも狙える状態から、的確な判断でニアサイドへ強烈なシュートをねじ込んだ。

 開始早々に先制したU-23日本代表は強度で圧倒してペースを握る。しかし、24分にU-23カタール代表はエースのアフメド・アルラウィが見事なヘディングシュートを決めて同点に。左サイドの攻め込みから右へサイドチェンジ、斜めのハイクロスに体をねじってのパワーのあるヘッドだった。

 これでU-23カタール代表は落ち着いたのか、持ち前のパスワークと個人技で盛り返していく。A代表もそうだが、適宜にトップが下りてくるなどビルドアップが整理されている。

 失点後のU-23日本代表はしばらく耐える流れになったが、38分には松木玖生が左サイドでDFを引きずるようなドリブルから渾身のクロス。DFの背中をとった細谷真大はフリーだったが、足を出すのがわずかに遅れてシュートは枠外に飛んだ。

 そして40分に試合を左右する出来事が起こった。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top