フットボールチャンネル

日本代表 6日前

【サッカー日本代表スタメン案】久保建英の起用は避ける!? シリア代表戦のベストチョイスは?

text by 編集部 photo by Shinya Tanaka

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表は11日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップサウジアラビア2027予選、グループリーグB組第6節でシリア代表と対戦する。この一戦に、森保一監督はどのようなメンバーを送り出すのか。ここでは、シリア代表戦の日本代表スタメン案を紹介する。


シリア代表は本気モード?


【写真:田中伸弥】

 シリア代表はFIFAワールドカップ26・アジア2次予選の5試合を消化した時点でグループリーグ2位につける。同3位の北朝鮮代表との勝ち点差はわずか「1」となっており、11日のゲームで引き分け以下に終わると、早くもW杯行きが消滅する可能性が高い。死に物狂いで日本代表に挑んでくるだろう。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 一方で日本代表にとっては、6日のミャンマー代表戦で採用した3-4-2-1を継続し、よりレベルの上がる、それも本気の相手に対しその精度を確かめる絶好の機会となる。数字の上では消化試合になるとはいえ、得るものがまったくないわけではないのだ。

 その中で、3-4-2-1というシステムには多くの選手が慣れる必要があるだろう。森保一監督も前日会見で示唆した通り、シリア代表戦はミャンマー代表戦からスタメンを大幅に入れ替えていいはずだ。

 GKは大迫敬介を推薦する。AFCアジアカップカタール2023には参加できなかったが、現状はこのポジションの1stチョイスである。ピンチがどれほど訪れるかは未知数だが、改めて力を示してほしい。

 3バックは右から冨安健洋、板倉滉、町田浩樹の3人がベストチョイスとなりそうだ。

 注目は、やはり冨安だ。ミャンマー代表戦では、右CBに入った橋岡大樹のポジショニングが微妙だったこともあり、とくに前半は右サイドからの攻撃があまり機能していなかった。そんな前回を踏まえ、アーセナルで偽SBの役割もこなすなど、IQの高いプレーを連発する冨安が右CBでお手本となるような姿を見せられるのか。大きなポイントになってくるだろう。

1 2 3

KANZENからのお知らせ

scroll top