フットボールチャンネル

日本代表 1週間前

サッカー日本代表、シリア代表戦予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。3バック継続で大幅入れ替えか

シリーズ:日本代表予想スタメン&フォーメーション text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

 サッカー日本代表は11日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選でシリア代表をホームに迎える。すでにチームは最終予選進出、2次予選グループB組1位通過を決めており、目下5連勝中だ。次のステージに向けて勢いに乗る日本代表は、グループB最終戦をどのような布陣で戦うだろうか。先発メンバーを予想する。


GK:大迫敬介

サッカー日本代表GK大迫敬介
【写真:Getty Images】

生年月日:1999年7月28日(24歳)
所属クラブ:サンフレッチェ広島
2024リーグ戦成績:16試合15失点
日本代表通算成績:7試合6失点

 6日のミャンマー代表戦では出番がなかった大迫敬介。日本代表がすでに最終予選突破を決めており、一連のゲームでは新たなオプションを見出すことに重きが置かれているように見える。しかしながら、今回招集された3人のGKのうちA代表のキャップ数が最も多いのは、サンフレッチェ広島の守護神である。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 サンフレッチェ広島では今季リーグ戦16試合のうち、大迫は6つのゲームでクリーンシートを達成している。積極的にボックス外へ飛び出すプレースタイルでカバーリング能力も高く、後方からのビルドアップにも長けている。さらに日本代表がミャンマー代表戦に続いて3バックを採用することになれば、同様のシステムを敷く広島でプレーする同選手の起用はプラスに働くかもしれない。

 昨年10月に行われた国際親善試合カナダ代表戦ではPKストップも見せており、ここぞという場面での勝負強さも備えている。シリア代表はグループリーグ2位突破を目指しているが、北朝鮮代表対ミャンマー代表の結果次第では最終予選突破を逃すことも考えられる。彼らが本気でこの一戦に臨んでくると想定すると、大迫の勝負強さと経験が必要な場面もあるだろう。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top