フットボールチャンネル

日本代表 1か月前

U-23日本代表、誰が出ても“変わらない”という悩み。拮抗した試合だからあり得た負け方【西部の目/U-23アジアカップ】

シリーズ:西部の目 text by 編集部 photo by 2024 Asian Football Confederation(AFC)

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

サッカーU-23日本代表は22日、AFCアジアカップカタール2024・グループリーグB第3節でU-23韓国代表と対戦し、0-1で敗北した。この結果、日本はグループ2位通過となり、準々決勝では開催国カタールと激突することが決まった。まさに屈辱の敗北となったが、チームの編成上、あり得た負け方だったのかもしれない。(西部謙司)


文字通りの総力戦に

U-23日本代表
【写真:2024 Asian Football Confederation(AFC)】

 中2日で行われたグループリーグの最終戦、U-23日本代表とU-23韓国代表はどちらもグループ突破が決まっていた。1位か2位かで次の対戦相手が変わってくるとはいえ、どちらもあまり無理はしたくない。負傷者は出したくないし疲労もなるべく残したくない。

U-23日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 どちらも先発の入れ替えがあり、U-23日本代表は3試合で23人中22人が出場することになった。厳しい日程のこの大会では文字どおりの総力戦にならざるをえず、選手層の厚さと誰が出ても一定水準のプレーを維持できるかどうかは重要なポイントになる。その点で、今回のチームはまさにそのように仕上がっている。

 メンバーの入れ替えはあるものの、機能性は変わらない。守備では4-4-2、内野航太郎と荒木遼太郎が2トップの形。攻撃ではトップ下として荒木が下り、ボランチの1人が荒木と並ぶ形でハーフスペースを分担する。この試合では川﨑颯太がアンカーとして残り、田中聡がインサイドハーフに上がる形だった。このシステム運用は選手が代わっても同じで、A代表とも同じである。

 対するU-23韓国代表は5-4-1の形で守備ブロックを形成。がっちりと守りながらカウンターを狙う姿勢をとった。序盤はU-23日本代表が攻め込み、左サイドの平河悠がチャンスを作る。右足アウトでの深くて速い切り返し、素早いステップワークと攻守にアフレッシブなプレーで相手に脅威を与えていた。

 3分には左から縦に突破してゴールラインまで食い込んでプルバック、19分にはカットインからシュート。前半をやや優勢で折り返す。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top