フットボールチャンネル

日本代表 3週間前

サッカーU-23日本代表のまとまりは今大会限定?パリ五輪で壊れる可能性も秘める理由とは【西部の目/U-23アジアカップ】

シリーズ:西部の目 text by 西部謙司 photo by 2024 Asian Football Confederation(AFC)

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

サッカーU-23日本代表は現地時間3日、AFC U-23アジアカップカタール2024・決勝戦でU-23ウズベキスタン代表と対戦し、1-0で勝利。4大会ぶり2度目のアジア制覇を達成した。今大会のチームは“まとまり”が素晴らしかったが、あくまで大会限定のもので、パリ五輪本戦では一気にその強みを失う可能性もある。(文:西部謙司)

著者プロフィール:西部謙司

1962年9月27日生まれ、東京都出身。学研『ストライカー』の編集記者を経て、02年からフリーランスとして活動。95年から98年までパリに在住し、ヨーロッパサッカーを中心に取材。現在は千葉市に住み、ジェフ千葉のファンを自認し、WEBスポーツナビゲションでは「犬の生活」を連載中。サッカーダイジェスト、フットボリスタなどにコラムを執筆中。『ちょいテク 超一流プレーヤーから学ぶちょっとスペシャルなワザ』監修(カンゼン)、「サッカー右翼サッカー左翼」(カンゼン、)近著に『戦術リストランテⅣ』(ソル・メディア)、「ゴールへのルート」(Gakken) 、共著の『サッカー日本代表の戦術が誰でも簡単に分かるようになる本』(マイナビ)、『FCバルセロナ』(ちくま新書)がある。

接戦に強いチームの特徴が際立った一戦

U-23日本代表
【写真:2024 Asian Football Confederation(AFC)】

 ロスタイムに入った91分に山田楓喜がゴール。99分にPKをとられるが、GK小久保玲央ブライアンがストップ。最後は10人(荒木遼太郎が負傷によりピッチの外へ)になりながら守り切り、アジアチャンピオンとしてパリ五輪に臨むことになった。

U-23日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 U-23ウズベキスタン代表はこれまでの対戦相手よりワンランク上の攻守を見せ、前半はかなり押し込まれたが、そこを乗り切ったことも含めて、接戦に強いこのチームの特徴が際どい勝負の中で際立っていた。

 全員がハードワークできる。均質的でタイミング、アイデアを共有しやすい。短期間でチームをまとめるのに向いていて、選手が入れ替わっても一定水準を保てる。日程の厳しい今大会を勝ち抜くために有利な条件をU-23日本代表は有していた。

 大会に臨むプラン、編成、コンディショニング、選手のローテーションなど良い準備をしてきた成果が現れていた。

 前半はU-23ウズベキスタン代表が優勢だった。プレッシングの速さ、組織力に優れていて、U-23日本代表はこれまでの試合のようにパスワークで相手陣内に運ぶことができない。しかし、劣勢の中でも決定機は作らせておらず、厳しい内容にも動じない強さが感じられた。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top