フットボールチャンネル

フランス代表の堅守に風穴を開けたスペイン代表の22歳差コンビ。ラミン・ヤマルがみせた工夫とは?【ユーロ2024分析コラム】

シリーズ:分析コラム text by 安洋一郎 photo by Getty Images

UEFAユーロ2024(EURO2024)最新ニュース

 UEFAユーロ2024(EURO2024)準決勝、スペイン代表対フランス代表が現地時間9日に行われ、スペイン代表が2-1で勝利を飾った。今大会を通してフランス代表はPK以外で失点を喫していなかったが、この堅守をスペイン代表はどのように攻略して決勝への切符を手繰り寄せたのだろうか。(文:安洋一郎)


スペイン代表がフランス代表を下して決勝へ

スペイン代表FWラミン・ヤマル

【写真:Getty Images】

 ユーロ2024(欧州選手権)も佳境に迫り、優勝の可能性はベスト4に名を連ねたスペイン、フランス、イングランド、オランダの4ヵ国に絞られた。

EURO2024はWOWOWで全試合生中継!
欧州サッカー最高峰の戦いを観るならWOWOWに加入[PR]


 その中で先に顔を合わせたのが、それぞれ優勝候補のドイツ代表とポルトガル代表に勝利して準決勝まで勝ち進んだスペイン代表とフランス代表の両国だ。共に準々決勝では延長戦まで戦うなど、フィジカル的な消耗が激しい状況にて、中3日でこの大一番を迎えている。

 試合前からポイントになると予想されていたのが、スペイン代表の右サイドとフランス代表の左サイドの攻防だ。本来はダニエル・カルバハルとロビン・ル・ノルマンが右SBと右CBの一番手だが、両者ともにドイツ代表との準々決勝でカードを受けてしまい、この試合はメンバー外に。ナチョ・フェルナンデスとヘスス・ナバスのベテランコンビがその穴を埋める必要があった。

 特に不安視されていたのがヘスス・ナバスとフランス代表の左WGであるキリアン・エンバペのマッチアップで、スピード対決となれば前者の分が悪いのは明らか。今大会を通してカルバハルのパフォーマンスは高く、彼の冷静な守備に何度も救われていた過去を踏まえると、38歳のベテランSBへの負担が大きくなると予想されていた。

 しかし、この不安とは裏腹にスペイン代表の右サイドは弱点になるどころか、フランス代表に致命傷を負わせることになる。
 

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!