フットボールチャンネル

海外サッカー 2週間前

ネックになっている。イングランド代表がケインを先発から外すべき理由。スイス戦から見えた課題【ユーロ2024分析コラム】

シリーズ:分析コラム text by 安洋一郎 photo by Getty Images

UEFAユーロ2024(EURO2024)最新ニュース

 UEFAユーロ2024(EURO2024)準々決勝、イングランド代表対スイス代表が現地時間6日に行われ、PK戦の末にイングランド代表が勝利した。今大会を通して内容面の乏しさで批判をされているイングランド代表はこの試合もフルタイムで1-1の引き分けと、これで90分間では4試合連続のドローに終わっている。それでも内容面ではポジティブなことも多く、5試合目にしてようやく明るい兆しが見え始めた。(文:安洋一郎)


イングランド代表がPK戦の末にベスト4進出

【写真:Getty Images】

 「つまらない」「退屈」「眠い」「宝の持ち腐れ」。

EURO2024はWOWOWで全試合生中継!
欧州サッカー最高峰の戦いを観るならWOWOWに加入[PR]


 イングランド代表はユーロ2024(EURO2024)に臨む出場国の中で最も市場価値が高いチームだが、その試合内容は散々に批判をされてきた。

 実際に準々決勝より前の4試合で快勝と呼べる試合は結果と内容のどちらの観点からも一つもなく、スロバキア代表とのラウンド16は90+4分にロングスローから根性で同点に追いつき、延長戦でセットプレーから勝ち越しゴールを決めていた。

 現地時間6日に行われたスイス代表との準々決勝でもなかなか決定機を作ることができず、先制されて迎えた80分に90分間で唯一の枠内シュートとなったブカヨ・サカのボックス外からのゴラッソで何とか同点に追いついている。その後、2試合連続での延長戦を余儀なくされ、そこでも決着がつかずに勝敗の行方はPK戦に委ねられた。

 このPK戦でイングランド代表はキッカー5人全員がネットを揺らすことに成功。ラウンド16で前回王者イタリア代表に何もさせなかった強豪スイス代表を下し、2大会連続でのベスト4進出を決めている。

 今大会イングランド代表が戦った5試合のうち、90分間の結果で勝利をしたのはグループリーグ初戦のセルビア代表戦が最後。それ以降の4試合はすべて90分間では引き分けと、相変わらずギリギリでの戦いを繰り広げているが、筆者は今回のスイス代表戦でようやく内容面で明るい兆しが見え始めたと言いたい。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!