海外サッカーコラム

190410_son_getty

韓国が生んだ世界級、ソン・フンミンがマンCを撃退。勝負を分けた数分、値千金弾の布石とは? 2019.04.10

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグが現地時間9日に行われ、トッテナムはホームでマンチェスター・シティと対戦し1-0で勝利した。歓喜を呼び込んだのはソン・フンミン。韓国代表アタッカーが勝負強さを発揮した格好だが、あのゴールが生まれた布石とは?(文:青木務)

リバプール

リバプールはまだまだ強くなる。主役に躍り出た男とは? データが表す、驚異の貢献度 2019.04.10

チャンピオンズリーグ・ラウンド8の1stレグ、リバプール対ポルトの一戦が現地時間9日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。前半のうちに2点をリードし、相手にアウェイゴールを許さないなど完璧な試合を見せたリバプール。2季連続のベスト4進出へ、視界は良好だ。そんな同ゲームで主役に躍り出たあるMFが、驚異の貢献度を誇った。(文:小澤祐作)

gen

アーセナル、伝説の無敗優勝イレブン。アンリ、ピレス…史上最も強く美しく、全員が英雄だった【編集部フォーカス】 2019.04.10

サッカー史上最も強く美しいクラブはどこか? そんな問いを受けた時、2003/04シーズンのアーセナルを挙げる人は多いのではないだろうか。洗練さと破壊力を兼ね備えたサッカーでプレミアリーグを無敗で制覇。選手個々を見てもベテラン、中堅、若手のそれぞれが持ち味を発揮し、あらゆる点で魅力に溢れていた。今回、フットボールチャンネルでは当時の主力メンバーをピックアップ。インビンシブルズのメンバーを紹介していく。

プレイヤーランキング

世界最高の輝きを放ったサイドアタッカーは誰だ! ポジション別プレイヤー活躍度ランキング!(5位~1位/3月版・WG編) 2019.04.10

フットボールチャンネル編集部では、月ごとのポジション別選手ランキングを選定中。今回はウィング(WG)編の5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

自由韓国党

韓国サッカー界を揺るがした「政治」の介入。まさに恥晒し、前代未聞の事件はなぜ起きたのか? 2019.04.09

韓国サッカー界が、予期せぬ事態に揺れている。国会議員選挙の候補者がリーグ規定を無視してスタジアム内で遊説を行ったのである。日本では考えられない「政治」のスポーツへの介入。前代未聞の事件はなぜ起きてしまったのか。その背景を韓国在住記者がレポートする。(取材・文:キム・ドンヒョン【韓国】)

選手ランキング

世界最高の輝きを放ったストライカーは誰だ! ポジション別プレイヤー活躍度ランキング!(5位~1位/3月版・CF編) 2019.04.09

フットボールチャンネル編集部では、月ごとのポジション別選手ランキングを選定中。今回はセンターフォワード(CF)編の5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

190408_osako_getty

大迫勇也はポストプレイヤーではない。ブレーメンで発揮するその力。復帰戦で一層強まる信頼 2019.04.08

ブンデスリーガ第28節、ブレーメンはアウェイでボルシアMGと対戦して1-1のドローに終わった。日本代表で参戦したアジアカップでの負傷によって離脱していたFW大迫勇也は、この試合の後半に約2か月ぶりとなる戦列復帰を果たした。そして、同点ゴールをアシスト。万全ではない中で自らの仕事をやり遂げた。(取材・文:本田千尋【メンヒェングラートバッハ】)

ジョーダン・ピックフォード

アーセナル、“完敗”の理由。エバートンに上回られた質、試合のキーマンはまさかのGK? 2019.04.08

プレミアリーグ第32節、エバートン対アーセナルの一戦が7日に行われ、1-0でホームチームが勝利している。被シュート23本を浴びるなど、この日のアーセナルはまさに完敗を喫した。一方エバートンは11人全員がMOM級の輝きを放ち、完璧な勝利をもぎ取っている。そのなかでキーマンとなったのは誰なのだろうか。(文:小澤祐作)

ユベントス

ユベントスがミランを下した決定的な違いとは? まるでジキルとハイド、強豪だけが持つ魅力 2019.04.07

セリエA第31節、ユベントス対ミランの一戦が現地時間6日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。前半はなかなか波に乗れなかったユベントスだったが、アッレグリ監督の修正力が発揮され、後半に2得点。90分間で何が変わったのだろうか。(文:小澤祐作)

190407_1_getty

バルサ、スアレスの“美弾”が生まれた理由。相手の力をも糧に、オブラクに触発された本能 2019.04.07

リーガエスパニョーラ第31節が現地時間6日に行われ、バルセロナはアトレティコ・マドリーに2-0と勝利した。10人となった相手を打ち破れぬまま時間が進んでいったが、後半終盤に畳み掛けている。アトレティコの粘りも光ったものの、それによってバルサの力が引き出されたとも言える。(文:青木務)

注目選手

欧州4大リーグ、J1今節の注目カードは? ビッグマッチが目白押し! 注目選手を一挙紹介【編集部フォーカス】 2019.04.06

明治安田生命J1リーグが開幕し、ヨーロッパサッカーも佳境に突入している。サッカー好きにとっては毎週末が楽しみになっていることだろう。今節、世界ではどのような対戦カードが組まれているのか。4大リーグとJ1の注目試合をピックアップした。(キックオフ時間は全て日本時間)

gen

ベンゲルは慧眼? 節穴? アーセナルで潰れた青田買いイレブン。期待度ほど活躍できなかった男たち【編集部フォーカス】 2019.04.05

かつてアーセナルを指揮したアーセン・ベンゲル氏は、チームを無敗優勝に導くなど卓越した手腕を発揮した。さらに若手の発掘にも長けるとの評価を得ていた。しかし、多くの逸材を起用したものの大成できなかった選手もいる。今回フットボールチャンネルでは、若くしてアーセナルに引き抜かれながら、思うような活躍を見せられなかった選手たちを紹介する。

プレイヤーランキング

世界最高の活躍を見せたのは誰だ? プレイヤー活躍度ランキング!(20位~16位/3月版) 2019.04.05

フットボールチャンネル編集部では、月ごとの選手ランキングを選定中。今回は20位~16位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

堂安律

堂安律に直撃。オランダでどのように成長を続けているのか? 日々強まる対策を破るために 2019.04.04

フローニンゲンに所属する堂安律。監督の信頼もつかみ、チームでの地位は揺るぎないものとなっている。しかし、日本代表での移動や中3日の日程、日々強まる相手チームからの対策など乗り越えるべきハードルは多い。さらなる高みを目指すため、堂安はどのように成長を続けているのか。欧州在住記者が直撃した。(取材・文:本田千尋【オランダ】)

プレイヤーランキング

世界最高の活躍を見せたのは誰だ? プレイヤー活躍度ランキング!(15位~11位/3月版) 2019.04.04

フットボールチャンネル編集部では、月ごとの選手ランキングを選定中。今回は15位~11位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

新着記事

FChan TV

↑top