海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

久保建英

久保建英の活躍がもたらすもの。チーム最多シュート数が証明する、マジョルカの変化とは 2019.12.01

リーガ・エスパニョーラ第15節、マジョルカ対ベティスが現地時間11月30日に行われ、1-2でアウェイチームが勝利している。4試合連続でスタメン入りを果たしたMF久保建英は、攻撃面で大きく躍動。起用に応えたといっても過言ではない。その中で見えたチーム、そして久保自身の変化とは。(文:小澤祐作)

ジョゼ・モウリーニョ

トッテナム、モウリーニョが見せた2つの狙い。一方で繰り返される同じ過ち…明らかになった課題とは? 2019.12.01

プレミアリーグ第14節、トッテナム対ボーンマスの一戦が現地11月30日に行われて、3-2でホームチームが勝利をした。モウリーニョ体制後、3試合で10得点と前線が大爆発中だが、失点数が6と多いのも事実。この試合も3点を奪っておきながら2点を返されてしまい、初陣となったウエストハム戦同様の展開となった。新生トッテナムの課題が浮き彫りになった。(文:松井悠眞)

1201Liverpool_getty

リバプール、破壊力を持つ「DF→DF」の得点。最終ラインが残す驚異のスタッツ、首位独走を止める方法は… 2019.12.01

プレミアリーグ第14節、リバプール対ブライトンが現地11月30日に行われ、2-1でリバプールが勝利を収めた。ホームチームが挙げた2点はともにDFトレント・アレクサンダー=アーノルドが蹴ったセットプレーをDFフィルジル・ファン・ダイクが決めたもの。首位を独走するリバプールのDF陣は攻撃面で驚異的な数字を残している。(文:加藤健一)

1130Honda_getty

本田圭佑から出る“ビッグマウス”から程遠い言葉の数々。「1人で変えられる幅を超えている」深刻な状況に何を思う? 2019.11.30

本田圭佑の所属するフィテッセは、現地29日にエールディビジ第14節・ヘーレンフェーン戦を戦い、2-3で逆転負けを喫した。フィテッセはこれでリーグ戦5連敗となり、レオニード・スルツキ監督は辞任を発表した。本田圭佑は試合後に、CSKAモスクワ時代から指揮官に師事してきた恩師への思いとチーム状況を語っている。(取材・文:本田千尋【ヘーレンフェーン】

ヴァンサン・アブバカル

ポルトを危機から救った元エースの完全復活。じん帯断裂を乗り越えたヒーローが証明したもの 2019.11.29

ポルトはヨーロッパリーグ(EL)敗退の危機を脱した。28日に行われたグループリーグ第5節でヤングボーイズに2-1で逆転勝利を収めている。苦手とするアウェイで勝ち点3獲得の立役者となったのは、今季の公式戦で44分間しか出場していなかった“元エース”だった。左ひざ前十字じん帯断裂から完全復活を遂げたヴァンサン・アブバカルが英雄となれた背景に迫る。(取材・文:舩木渉【ベルン】)

1129Mourinho_getty

モウリーニョは過去の間違いを認め、変わろうとしている。トッテナムで待ち受けるのは成功か反発か…【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2019.11.29

ジョゼ・モウリーニョは解任されたマウリシオ・ポチェッティーノの後を継ぎ、トッテナムの指揮官に就任した。「現場を離れていた11か月間で、物の見方が変わった」と話す「スペシャルワン」は、トッテナムに何をもたらすのか。注目を集めるトッテナムとモウリーニョの未来を考える。(文:粕谷秀樹)

1129Kamada_getty

鎌田大地がアーセナルを粉砕、その崩壊の要因とは? 逆転につなげたフランクフルトの変化 2019.11.29

UEFAヨーロッパリーグ・グループF第5節、アーセナル対フランクフルトが現地28日に行われ、1-2でフランクフルトが逆転勝利を収めた。前半に1点を先行されたアウェイチームだったが、後半にMF鎌田大地の2得点で逆転。試合のターニングポイントはフランクフルトがハーフタイムに行った修正にあった。(文:加藤健一)

ペリシッチ

世界最高の左ウインガーは誰だ!LWG能力値ランキング11位〜15位、一体どこの誰だ! 知る人ぞ知るウインガーがランクイン。Fチャン編集部が選定(19/20シーズン) 2019.11.29

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

1128Minamino

南野拓実は「証明している最中」。CLで積み重ねる得点、ザルツブルクで磨き続けてきた武器とは 2019.11.28

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)第5節、ヘンク対ザルツブルクが現地27日に行われ、ザルツブルクが4-1で勝利を収めた。この試合に先発出場したMF南野拓実は45分にチーム2点目となるゴールを決めた。CL2得点目を挙げた南野はその理由を冷静に分析している。(取材・文:本田千尋【ヘンク】)

リバプール

リバプール、まさかの敗退も…? なぜナポリに苦戦を強いられたのか。厄介な存在になった働き屋 2019.11.28

チャンピオンズリーグ・グループリーグE組第5節、リバプール対ナポリが現地時間27日に行われ、1-1のドローに終わっている。苦手とするナポリにまたも勝利することができなかったリバプール。グループリーグ突破もやや厳しい状況にあるが、なぜここまでの苦戦を強いられてしまったのか。(文:小澤祐作)

リオネル・メッシとルイス・スアレス

バルセロナ、メッシが見せた格の違い。1G2Aの圧巻の活躍と相棒との完璧なホットライン 2019.11.28

チャンピオンズリーグ(CL)第5節、バルセロナ対ドルトムントの一戦が現地時間27日に行われ、ホームチームが3-1で勝利をした。この試合はホームのバルセロナが力の差を見せつけてグループステージ首位通過を決めた。中でも圧巻だったのは1G2Aのリオネル・メッシだった。(文:松井悠眞)

世界最高の左ウインガーは誰だ!LWG能力値ランキング6位〜10位、若き才能溢れる選手たちがトップ10入り! Fチャン編集部が選定(19/20シーズン) 2019.11.28

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

ネイマール

流れを変えたネイマールへの王様変更。レアル対PSG、最高レベルの美しきドロー 2019.11.27

チャンピオンズリーグ・グループリーグA組第5節、レアル・マドリー対パリ・サンジェルマンが現地時間26日に行われ、2-2のドローに終わっている。PSGが2点のビハインドを背負いながらも後半に2点を奪ってなんとか勝ち点1を拾った。その中で変化を生み出したのは、ブラジルの至宝であった。(文:小澤祐作)

1127Mourinho_getty

トッテナム、モウリーニョの采配によって起きた劇的な変化。大逆転の裏で明確になった課題とは? 2019.11.27

UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグB組第5節のトッテナム対オリンピアコスが、現地26日に行われた。試合はトッテナムが4-2で勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めた。2点を先行されたホームチームだったが、ジョゼ・モウリーニョ監督は前半から交代カードを切り、鮮やかに逆転した。試合のターニングポイントはどこにあったのだろうか。(文:加藤健一)

マネ

世界最高の左ウインガーは誰だ!LWG能力値ランキング1位〜5位、やはり世界最強はこの男! Fチャン編集部が選定(19/20シーズン) 2019.11.27

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

新着記事

↑top