海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

長友佑都

長友佑都は歌も踊りもキレキレ。マルセイユに何をもたらすか、現地での期待が大きいその理由 2020.09.17

日本代表DFの長友佑都が今夏、マルセイユに加入することが決まった。34歳で初のフランス挑戦となるが、欧州でのプレー経験豊富なことから、現地での期待感も高いようだ。デビュー戦も思ったより早く訪れることになりそうだが、果たして長友はマルセイユというクラブに何をもたらすのだろうか。(文:小川由紀子【フランス】)

0917Columbia1995_getty

アルゼンチンを5-0粉砕した黄金期コロンビア。バルデラマ、アスプリージャ、イギータらの野放図な強さ 2020.09.17

今も国民に支持される1993年のコロンビア代表。バルデラマ、アスプリージャ、イギータらが活躍した当時の代表チームは、独特の煌きを放ちながら南米を席巻していく。ハメス・ロドリゲスらを抑えるほどの人気を誇る代表は、どんなチームだったのか。(文:北澤豊雄)[sponsored content]

インテル

インテル、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。タイトル獲得へ…両サイド補強で隙のない布陣に 2020.09.17

強いインテルが戻ってきた。様々な困難に見舞われた2019/20シーズン、ユベントスがセリエA9連覇を達成した一方、インテルは最終的に勝ち点1ポイント差まで肉薄した。アントニオ・コンテ監督が就任し、攻守にソリッドな3-5-2が定着したことで安定感は格段に向上した。そして迎える新シーズンはピンポイント補強でチーム力をさらに高め、絶対王者からのスクデット奪還を狙うことになる。そこで今回は、20/21シーズンのレギュラー定着が予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

20200917_milan_getty

ミラン、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。名門復活へ、カギを握るのはやはりイブラヒモビッチ 2020.09.17

かつて世界の頂点にも立った名門ミランだが、近年は低迷を強いられている。しかし、昨季はズラタン・イブラヒモビッチの加入などもあり、復活を予感させるようなハイパフォーマンスを披露。ポジティブな雰囲気を維持したまま、「勝負の1年」を迎えることになる。今回は、20/21シーズンのレギュラーが予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

0917Juventus_getty

ユベントス、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。ピルロ新監督が就任、ロナウドやディバラの起用法は? 2020.09.17

昨季のユベントスは前人未到のセリエA9連覇を成し遂げた。しかし、終盤の失速とUEFAチャンピオンズリーグでの敗退を受け、マウリツィオ・サッリ監督は解任。U-23チームを率いることが決まっていたアンドレア・ピルロが後任に据えられた。かつてのスター選手でもあったピルロはどのように選手を起用するのか。今回は、20/21シーズンのレギュラーが予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

20200916_leipzig_getty

RBライプツィヒ、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。打倒バイエルンへ、韓国人FWはヴェルナーの穴を埋められるか 2020.09.16

昨季のチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4入りを果たすなど、RBライプツィヒの躍進は止まらない。若き智将ユリアン・ナーゲルスマン監督の下で勢いのある若手も多数揃っているなど、打倒バイエルン・ミュンヘンに向けて着実に力をつけている。今回は20/21シーズンのレギュラーが予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

バイエルン・ミュンヘン

バイエルン・ミュンヘン、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。レジェンドを継承したのは… 2020.09.16

バイエルン・ミュンヘンは昨季、リーグ戦と国内カップ戦、そしてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制して三冠を達成した。そのチームは新シーズンに向けてさらにパワーアップを遂げている。クラブに数々の栄光をもたらしてきたレジェンドの背番号を継承する者も決まった。そこで今回は、20/21シーズンのレギュラー定着が予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

0916Dortmund_getty

ドルトムント、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。ハーランドとサンチョだけじゃない、中盤に食い込む2人の17歳 2020.09.16

2シーズン連続2位という結果に終わったボルシア・ドルトムントは、大型補強を敢行した昨夏とは対照的にピンポイントの補強に留めている。ゴールを量産し続けるアーリング・ハーランドや、残留を決めたジェイドン・サンチョら有望な若い選手がひしめく中で、2人の17歳がレギュラーの座を狙っている。今回は20/21シーズンのレギュラーが予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

ティモ・ヴェルナー

チェルシーはやはり期待大、ヴェルナーが輝く。周囲の期待を裏切らぬ、ブライトン戦での躍動 2020.09.15

プレミアリーグ第1節、ブライトン対チェルシーが現地時間13日に行われ、1-3でアウェイチームが勝利している。大型補強を行い注目を集めていたチェルシーは内容面でこそ苦戦を強いられたが、チャンスを確実にモノにし、白星スタートを切った。そして、新加入のティモ・ヴェルナーは期待に応える活躍ぶりを披露している。(文:小澤祐作)

エバートン

エバートン、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。新加入ハメスが低迷脱出の切り札に 2020.09.15

昨季のエバートンは一度崩壊した。2年目を迎えたマルコ・シウバ体制で結果が出ず、一時は降格圏に沈むほど。年末に監督交代に踏み切り、後任のカルロ・アンチェロッティ監督のもとで再起を図った。すると後半戦はパフォーマンスが著しく向上したが、遅れを取り戻すには至らず12位に終わった。今季はハメス・ロドリゲスらをピンポイントで補強し、捲土重来を期す。そこで今回は、20/21シーズンのレギュラー定着が予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

0915Leicester_getty

レスター、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。シュマイケル、ヴァーディらベテランは健在も負傷者多数のピンチ 2020.09.15

昨季のレスターはシーズン終盤までトップ4圏内を走りながらも、終盤の失速が響いて5位に終わった。オフにはベン・チルウェルがチェルシーに移籍したが、例年に比べると静かな移籍期間を過ごしている。ブレンダン・ロジャース監督就任2年目の今季は結果が求められるシーズンになる。そこで今回は、20/21シーズンのレギュラーが予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

ネイマール

なぜネイマールは愚行に及んだ? まさかの5人退場…PSG対マルセイユで何が起こっていたのか 2020.09.14

現地13日にリーグ・アン第3節が行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)はマルセイユに0-1で敗れた。緊張感のある一戦は、最終盤に大事件が起こって幕を閉じることになる。その時、ピッチ上では何が起こっていたのだろうか。そして、“戦い”は試合後も続いていくのか…?(文:舩木渉)

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲスがすごい。ついに確保した居場所。今季のエバートンは見ておいて損はない 2020.09.14

プレミアリーグ第1節、トッテナム対エバートンが現地時間13日に行われ、0-1でアウェイチームが勝利している。カルロ・アンチェロッティ監督率いるチームは、新戦力が大活躍。その中でも今夏の目玉補強となったハメス・ロドリゲスのパフォーマンスは、目を見張るものがあった。(文:小澤祐作)

0914Kubo_Okazaki_getty

久保建英は期待が持てる。岡崎慎司は1部でも。見せたポテンシャル、ビジャレアルとウエスカの差は? 2020.09.14

ラ・リーガ開幕戦、ビジャレアル対ウエスカが現地時間13日に行われ、1-1の引き分けに終わった。日本人選手がピッチで共演したのは、ラ・リーガでは初めて。78分から途中出場した久保建英と、1トップとしてフル出場した岡崎慎司はそれぞれどのようなパフォーマンスを見せたのか。両チームにおける2人の立場が見えたゲームになった。(文:加藤健一)

20200914_wolverhampton_getty

ウォルバーハンプトン、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。筋肉オバケに若き司令塔ら擁する曲者軍団 2020.09.14

昨季のプレミアリーグを7位でフィニッシュ、ヨーロッパリーグ(EL)ではベスト8に名を連ねるなど、ヌーノ・エスピリト・サント監督率いるウォルバーハンプトンの躍進が止まらない。今季も実力屈指のメンバーが残っており、より高みを目指すチームへの期待感は大きい。今回は、ウルブスの20/21シーズンのレギュラーが予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

新着記事

↑top