海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

20200210_focus_getty

欧州サッカー、冬の主要移籍まとめ(3)。ユベントスが“逸材”を高額で獲得、マンU最古参も新天地へ 2020.02.10

1月31日をもって、欧州冬の移籍市場が閉幕することとなった。今冬も何名かの大物選手が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを紹介していく。今回はこの5人(移籍金は『transfermarkt』を参照)。

冨安健洋

冨安健洋がコラロフを封じた要因とは? 5ヶ月前のリベンジに成功、強豪ローマに示した成長の証 2020.02.08

セリエA第23節、ローマ対ボローニャが現地時間7日に行われ、2-3でアウェイチームが勝利を収めている。ボローニャがアウェイでローマから白星を奪ったのは、実に2012年9月以来のこととなる。日本代表DFの冨安健洋もフル出場を果たしており、貴重な勝ち点3奪取に大きく貢献している。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

ブルーノ・フェルナンデス

マンUの超高額新戦力、ブルーノ・フェルナンデスとは何者か? 挫折に暴徒の襲撃…苦難越えた男の略歴 2020.02.08

マンチェスター・ユナイテッドは、スポルティングCPからMFブルーノ・フェルナンデスを獲得したことを発表した。主にトップ下でプレーする25歳のポルトガル代表アタッカーは、直近2シーズン連続でポルトガルリーグ最優秀選手に選出されている超人気銘柄だ。移籍金は最大で6770万ポンド(約87億1000万円)に達するとされているブルーノ・フェルナンデスとはどんな選手なのだろうか。(文:プレミアパブ編集部)

0208Moyes_getty

プレミアリーグの降格予想は…。無策無能のモイーズ、やはり役立たず。生き残りたければ肝を据えろ【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2020.02.08

プレミアリーグは変則的な中断期間を経て、シーズンは終盤戦へと向かっていく。下位チームは様々な課題を抱えながら、残留するための戦いに臨む。プレミアリーグの論客、粕谷秀樹氏が指揮官や選手層などの現状を鑑みて、残留争いの展望を記す。(文:粕谷秀樹)

0206Kloop2_getty

ゲーゲンプレッシングとは何なのか? リバプールの“クロップ魔法陣”で自ら幕を下ろした一時代【クロップ戦術進化論 後編】 2020.02.06

ユルゲン・クロップがこれまで辿ってきた“戦術ロード”を改めて振り返ると、見事なまでに世界の戦術トレンドを咀嚼していることがわかる。アナリストの“日本屈指のクロップ通”庄司悟が、クロップ戦術の進化論を解き明かす、本日2/6発売の『フットボール『戦術』批評』から一部を抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:庄司悟)

0206Kloop

リバプールの強さの真相、“クロップ魔法陣”とは? シンプルかつ驚異的な守備コンセプト【クロップ戦術進化論 前編】 2020.02.06

ユルゲン・クロップがこれまで辿ってきた“戦術ロード”を改めて振り返ると、見事なまでに世界の戦術トレンドを咀嚼していることがわかる。 “日本屈指のクロップ通”と言われるアナリストの庄司悟が、クロップ戦術の進化論を解き明かす、本日2/6発売の『フットボール『戦術』批評』から一部を抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:庄司悟)

中島翔哉

中島翔哉、3週間ぶり復帰のパフォーマンスは? 次はベンフィカ戦、完全復活への期待大 2020.02.05

タッサ・デ・ポルトガル(ポルトガルカップ)の準決勝1stレグが現地4日に行われ、ポルトは2部のアカデミカ・ビゼウと1-1で引き分けた。屈辱的な結果の一方で、ポルトの中島翔哉が約3週間ぶりに負傷から復帰して躍動感あるプレーを披露した。4日後に控えるベンフィカ戦に向けて、中島は確実にパフォーマンスを上げている。(文:舩木渉)

サンプドリア

吉田麻也、サンプドリアで待つ新たな11人の仲間。スタメンを争うライバルは? 言わずと知れたストライカーも 2020.02.05

日本代表のDF吉田麻也が今冬、サウサンプトンからサンプドリアに期限付きで加入することが決まった。吉田はここから半年間、セリエAでプレーすることになるが、果たして新天地にはどのような選手がいるのだろうか。今回フットボールチャンネル編集部では、吉田の新たな仲間となる11人を基本スタメンから紹介する(今季リーグ戦成績は2月5日現在までのもの)。

0204Arsenal_getty

セスクはアーセナルで輝いたが…。若手を育てるベンゲルの手法が通用しなくなった理由【アーセナルの20年史(4)】 2020.02.04

世界のフットボールシーンは、この約20年で大きく変わったと言える。選手の契約と移籍のあり方が変わり、名門クラブも栄枯盛衰を経験している。そこで複数回に渡ってアーセナルの現代史を辿っていきたい。今回は第4回。(文:西部謙司)

20200204_focus_getty

欧州サッカー、冬の主要移籍まとめ(2)。南野拓実が世界王者の一員に! エリクセンはセリエA初上陸 2020.02.04

1月31日をもって、欧州冬の移籍市場が閉幕することとなった。今冬も何名かの大物選手が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを紹介していく。今回はこの5人(移籍金は『transfermarkt』を参照)。

20200203_milan2_getty

まさに悪夢。ミラン、イブラヒモビッチ不在の影響「大」。マルディーニJr.デビューも霞む数々の弱さ 2020.02.03

セリエA第22節、ミラン対エラス・ヴェローナが2日に行われ、1-1のドローに終わった。ミランは負けこそしなかったが、勝ち点1を獲得するに留まった。やはり、FWズラタン・イブラヒモビッチの不在が大きかったと言えるのかもしれない。(文:小澤祐作)

アンス・ファティ

預言者メッシが導いた、17歳アンス・ファティの2得点。バルセロナの象徴になるための“教え”とは 2020.02.03

現地2日に行われたラ・リーガ第22節、バルセロナがレバンテに2-1で勝利を収めた。3試合連続で先発起用された17歳のFWアンス・ファティが、自身初の1試合2得点でチームに勝ち点3をもたらした。しかし、その活躍に導いたのはエースのFWリオネル・メッシの絶大な力だった。(文:舩木渉)

0203Rodri_getty

ロドリはザルの目、マンチェスター・シティの生命線こそが弱点だった。モウリーニョが突いた敵の脆さ 2020.02.03

プレミアリーグ第25節、トッテナム対マンチェスター・シティが現地時間2日に行われ、2-0でトッテナムが勝利した。試合は終始、シティがボールを保持する展開が続いたが、トッテナムに軍配が上がった。(文:加藤健一)

レアル・マドリー

ジダン采配は的中、ダービーマッチも制したが…。これでいいのかレアル・マドリー? 2020.02.02

レアル・マドリーは現地1日、ラ・リーガ第22節でアトレティコ・マドリーとのダービーマッチを迎え1-0の勝利を収めた。ジネディーヌ・ジダン監督の思い切った采配が奏功しての勝ち点3獲得になったが、マドリーのチームとしての課題も浮き彫りに。首位に立ってはいるものの、その座は安泰ではない。(文:舩木渉)

ロベルト・フィルミーノ

強すぎるぞリバプール! 4発でサウサンプトン粉砕、大勝への航路を拓いたフィルミーノの技術 2020.02.02

プレミアリーグ第25節、リバプール対サウサンプトンが現地時間1日に行われ、4-0でホームチームが勝利している。前半は苦戦を強いられたリバプールだったが、後半は相手の運動量が落ちたこともあり大量4得点。3アシストを記録したロベルト・フィルミーノの存在は大きかった。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top