海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

世界最高の右ウインガーは誰だ!RWG能力値ランキング6位〜10位、総額315.6億円の男達がランクイン! Fチャン編集部が選定(19/20シーズン) 2019.12.05

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

1204Barcelona_getty

バルセロナの戦術、選手起用法は? グリーズマンとデヨングを加えた最強スカッド【序盤戦レポート(5)】 2019.12.04

2019/20シーズンは序盤戦を終えた。補強が成功して首位争いを演じるチームもあれば、低迷して監督交代を余儀なくされたチームもある。各クラブのこれまでの戦いを振り返りつつ、見えてきた戦い方と課題を考察していく。第5回はバルセロナ。(文:編集部)

レアル・マドリー

レアル・マドリーの戦術、選手起用法は? 若き才能の台頭が追い風に。勝負強さ取り戻し王座奪還へ【序盤戦レポート(4)】 2019.12.04

2019/20シーズンは序盤戦を終えた。補強が成功して首位争いを演じるチームもあれば、低迷して監督交代を余儀なくされたチームもある。各クラブのこれまでの戦いを振り返りつつ、見えてきた戦い方と課題を考察していく。第4回はレアル・マドリー。(文:編集部)

20171217clubworldcup1_getty

日程・テレビ放送予定 クラブワールドカップ2019 2019.12.03

サッカーFIFAクラブワールドカップ2019の日程・テレビ放送一覧は下記の通り。

1203Vandijk_getty

ファン・ダイクがリバプールの懸念材料に。今季の不調は嘘か真か、大黒柱にかかる負担と失点を重ねる理由 2019.12.03

リバプールといえば、世界最高峰のCBフィルジル・ファン・ダイクがいることもあり、堅守のイメージが強い。しかし、今季は昨季を上回るペースで失点を重ねている。何故、今季はこんなにも失点が増えてしまっているのか。もしやファン・ダイクのプレー異変が起こっているのか。(文:プレミアパブ編集部)

1203Liverpool_getty

リバプールの戦術、選手起用法は? 首位独走もちらつく不安材料、悪化した数字とは?【序盤戦レポート(3)】 2019.12.03

2019/20シーズンは序盤戦を終えた。補強が成功して首位争いを演じるチームもあれば、低迷して監督交代を余儀なくされたチームもある。各クラブのこれまでの戦いを振り返りつつ、見えてきた戦い方と課題を考察していく。第3回はリバプール。(文:編集部)

1203Arsenal_getty

アーセナルの戦術、選手起用法は? 出口の見えない不振でエメリ監督は解任、戦い方は定まらず【序盤戦レポート(2)】 2019.12.03

2019/20シーズンは序盤戦を終えた。補強が成功して首位争いを演じるチームもあれば、低迷して監督交代を余儀なくされたチームもある。各クラブのこれまでの戦いを振り返りつつ、見えてきた戦い方と課題を考察していく。第2回はアーセナル。(文:編集部)

マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドの戦術、選手起用法は? ポグバ不在だと何もできず…最大の問題は監督の手腕にあらず【序盤戦レポート(1)】 2019.12.03

2019/20シーズンは序盤戦を終えた。補強が成功して首位争いを演じるチームもあれば、低迷して監督交代を余儀なくされたチームもある。各クラブのこれまでの戦いを振り返りつつ、見えてきた戦い方と課題を考察していく。第1回はマンチェスター・ユナイテッド。(文:編集部)

世界最高の右ウインガーは誰だ!RWG能力値ランキング1位〜5位、1位に輝いたのは文句なしでこの男! Fチャン編集部が選定(19/20シーズン) 2019.12.03

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

1202Tomiyasu_Getty

冨安健洋はやられたらやり返す。「引き分けで満足しない姿勢」、イタリア代表とのマッチアップにも屈せず 2019.12.02

セリエA第14節、ナポリ対ボローニャが現地1日に行われ、ボローニャが1-2で逆転勝利を収めた。この試合にフル出場した日本代表DFの冨安健洋は、守備ではイタリア代表のインシーニェと対峙。一瞬の隙を突かれて先制点を献上したものの、その後は同点弾を演出するなど攻守にわたってチームの勝利に貢献した。(取材・文:神尾光臣【ナポリ】)

オーレ・グンナー・スールシャール

マンUはもう限界。ウィークポイントが存在し続ける始末、スールシャールの未来は暗い 2019.12.02

プレミアリーグ第14節、マンチェスター・ユナイテッド対アストン・ビラが現地時間1日に行われ、2-2のドローに終わっている。ユナイテッドはこれでリーグ戦9試合連続失点という屈辱。スールシャール監督の未来は暗い。(文:小澤祐作)

リオネル・メッシ

バルセロナ対アトレティコ、圧巻だったメッシ。主役を奪われた古巣対決グリーズマンの活躍は… 2019.12.02

ラ・リーガ第15節アトレティコ・マドリー対バルセロナの一戦が、現地時間1日に行われて、アウェイチームが0-1で勝利をした。世界屈指の実力を持つ両者の一戦は言うまでもなくレベルが高く、見応えのある試合だった。そして均衡をした試合展開の中で、一瞬のスキを見逃さなかったのはやはりあの男だった。(文:松井悠眞)

1202Ljungberg_getty

アーセナルのDNAはある意味健在だった。ユングベリ初陣で目立ったのはGKレノの孤軍奮闘… 2019.12.02

プレミアリーグ第14節、ノリッジ対アーセナルが現地1日に行われ、2-2のドローに終わった。ウナイ・エメリが監督を解任され、フレドリック・ユングベリ暫定監督の初陣となった試合でアーセナルは2度のリードを許し、引き分けに持ち込むのがやっとだった。不調を体現するかのような試合展開で、唯一輝きを放ったのは守護神だけだった。(文:加藤健一)

エンゴロ・カンテ

カンテが「詐欺罪で元代理人を提訴」。その真相は? 富と名声を得たがために付随する苦悩 2019.12.02

フランス代表MFのエンゴロ・カンテは、世界中から愛されているサッカー選手の一人だ。その穏やかでシャイな性格は、常に人々を魅了している。しかし、そんなカンテが元代理人を訴えるという衝撃的なニュースが世間を騒がせている。その真相をフランス在住記者がレポートする。(文:小川由紀子【フランス】)

世界最高の左ウインガーは誰だ!LWG能力値ランキング16位〜20位、期待の新鋭から期待外れのマンU勢がランクイン! Fチャン編集部が選定(19/20シーズン) 2019.12.02

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

新着記事

↑top