海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

0215Haaland_getty

19歳ハーランド、それでもレバンドフスキと雲泥の差。ドルトムントで5戦8得点。ブンデスリーガを席巻するが… 2020.02.15

ブンデスリーガ第22節、ボルシア・ドルトムント対アイントラハト・フランクフルトが行われ、4-0でドルトムントが快勝した。冬に加入した19歳のFWアーリング・ハーランドはこの試合でも3点目のゴールをあげ、5試合で8ゴールという驚異的なペースで得点を積み重ねている。しかし、バイエルンのFWロベルト・レバンドフスキと共通点を持ちながらも、その粗削りなプレーはバイエルンの絶対的エースのように万能型FWとは言えない。(取材・文:本田千尋)

0215Brazil_getty

東京五輪に出場するサッカーU-23ブラジル代表の俊英3人を紹介。南米の得点王、陸上出身の韋駄天って誰? 2020.02.15

CONMEBOLプレオリンピック大会の決勝ラウンドを戦ったU-23ブラジル代表は、東京五輪出場の切符を掴んだ。自国開催となった前回大会のリオデジャネイロ五輪で優勝を果たし、今大会でも有力な優勝候補になるだろう。そこで、U-23ブラジル代表として南米予選に出場し、五輪本番でも活躍が予想される3人の注目選手を、南米在住の記者が紹介する。(文:北澤豊雄)

0215Argentine_getty

東京五輪に出るサッカーU-23アルゼンチン代表の俊英3人を紹介。ニックネームはヒトラー? グアルディオラの右腕が目を付けた逸材って誰? 2020.02.15

CONMEBOLプレオリンピック大会の決勝ラウンドを戦ったU-23アルゼンチン代表は、東京五輪出場の切符を掴んだ。2004年、08年と連覇を達成しているアルゼンチンは、今大会でも有力な優勝候補になるだろう。そこで、U-23アルゼンチン代表として南米予選に出場し、五輪本番でも活躍が予想される3人の注目選手を、南米在住の記者が紹介する。(文:北澤豊雄)

0214Ibrahimovic_Ronald_getty

イブラヒモビッチ対C・ロナウド。その軍配は? やはり別格の存在感、その一方で…【コッパ・イタリア】 2020.02.14

コッパ・イタリア準決勝1stレグ、ミラン対ユベントスが現地時間13日に行われ、1-1のドローに終わっている。注目を集めたのは、やはりズラタン・イブラヒモビッチとクリスティアーノ・ロナウドの両エースだ。彼らのパフォーマンスはどうだったのか。(文:小澤祐作)

20200214_focus_getty

えっ! 彼も…? レアル・マドリーが手放した5人の選手。移籍先でタイトルを獲得したビッグネーム達 2020.02.14

タイトル獲得が常に義務付けられているレアル・マドリーでは、結果を出さなければ即アウト。しかし、時には結果を出しつつも酷な扱いを受ける時もある。ここでは、マドリーに手放されながらも移籍先でタイトルを獲得した現役選手5人を紹介しよう。

スライド1

日程・テレビ放送予定 UEFAヨーロッパリーグ【EL】 2020.02.13

サッカーUEFAヨーロッパリーグ(欧州EL)決勝トーナメントの試合日程・テレビ放送予定は以下の通り。

スライド1

組み合わせ・試合結果 UEFAヨーロッパリーグ ラウンド32【EL】  2020.02.13

サッカーUEFAヨーロッパリーグ・ラウンド32(欧州EL決勝トーナメント1回戦)の組み合わせ・決勝トーナメント表は以下の通り。

中島翔哉

中島翔哉はまるで“忍者”。ポルトのカップ戦決勝進出に大きく貢献、負傷からも完全復活 2020.02.13

タッサ・デ・ポルトガル(ポルトガルカップ)の準決勝2ndレグが現地12日に行われ、ポルトが2部のアカデミコ・ビゼウを3-0で下した。そして2戦合計スコア4-1でベンフィカが待つ決勝進出を果たしている。負傷明けで久々のフル出場となった中島翔哉は、快勝したポルトの中でどんな活躍を見せたのだろうか。(文:舩木渉)

0213Lukaku_getty

インテルはルカクの持ち腐れ。不調ナポリに痛恨の敗戦、攻撃の形を最後まで作れず 2020.02.13

コッパ・イタリア(イタリア杯)準決勝1stレグ、インテル対ナポリが現地時間12日に行われ、0-1でナポリが先勝した。インテルは、191cm94kgの巨体を持つロメル・ルカクを活かせず、無得点のままホームで行われた1stレグを落とした。(文:加藤健一)

スライド1

日程・テレビ放送予定 UEFAチャンピオンズリーグ【欧州CL】 2020.02.12

サッカーUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメントの試合日程・テレビ放送予定は以下の通り。

スライド1

組み合わせ・試合結果 UEFAチャンピオンズリーグ ラウンド16【欧州CL】  2020.02.12

サッカーUEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16(欧州CL決勝トーナメント1回戦)の組み合わせ・決勝トーナメント表は以下の通り。

ガレス・ベイル

ベイルは完全に“失格”。レアル・マドリー快勝でも1人だけ蚊帳の外…生き残る道は? 2020.02.10

レアル・マドリーは現地9日、ラ・リーガ第23節でオサスナに4-1で勝利を収めて首位をキープした。多くの選手が会心のパフォーマンスを見せる中、ガレス・ベイルだけはほとんど目立たず。ここ最近出番が減り、ピッチ外でも話題を振りまいて厳しい批判を浴びてきた30歳に、マドリーで生き残る道はあるのだろうか。(文:舩木渉)

ミラン

ミラノダービー、神様イブラヒモビッチ降臨も…ミランはなぜ崩壊したのか? インテルが蘇った45分間 2020.02.10

セリエA第23節、インテル対ミランが現地時間9日に行われ、4-2でインテルが勝利している。前半はイブラヒモビッチの1得点1アシストなどで2-0とリードしたミランだったが、後半に守備が崩壊。4失点を喫した。この逆転劇はどのようにして起こったのか。(文:小澤祐作)

0210KuboTakefusa_getty

久保建英の投入で攻撃が停滞した理由。サイドで異なる2つの顔がマジョルカ浮上のカギ 2020.02.10

リーガ・エスパニョーラ第23節、エスパニョール対マジョルカが現地時間9日に行われ、0-1でマジョルカが敗れた。4戦連続でベンチスタートとなった久保建英は65分から出場したが、得点を生み出すことはできず。3試合連続で無得点に終わったマジョルカは、降格の危機に瀕している。(文:加藤健一)

20200210_focus_getty

欧州サッカー、冬の主要移籍まとめ(3)。ユベントスが“逸材”を高額で獲得、マンU最古参も新天地へ 2020.02.10

1月31日をもって、欧州冬の移籍市場が閉幕することとなった。今冬も何名かの大物選手が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを紹介していく。今回はこの5人(移籍金は『transfermarkt』を参照)。

新着記事

↑top