Home » 海外サッカー » 次に呼ぶべき! サッカー日本代表に推薦したい選手5人。さらなるレベルアップに必要? 楽しみな実力者たち

海外日本人選手 最新ニュース

AFCアジアカップカタール2023の準々決勝でイラン代表に敗れたことで、アジア王者を目指す日本代表の道のりは終わった。ここからは約2年半後に迫る次のワールドカップへ向けて、チームを再構築していくことになる。今回は、今後日本代表でのプレーが楽しみな選手をピックアップして紹介する。※成績は4日時点の『transfermarkt』を参照


GK:高丘陽平(たかおか・ようへい)

バンクーバー・ホワイトキャップスでプレーするGK高丘陽平
【写真:Getty Images】

生年月日:1996年3月16日
所属クラブ:バンクーバー・ホワイトキャップス(アメリカ合衆国)
昨季リーグ戦成績:35試合48失点(クリーンシート8試合)


【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]

 来月で27歳となるGK高丘陽平は、日本代表に招集すべき実力者の1人だ。アンダー世代で代表に選ばれた経験はあるものの、いまだA代表には招集経験がない。

 高丘は、昨年2月に横浜F・マリノスからメジャーリーグサッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスへ完全移籍することを決断。マリノスに2022シーズンのJ1リーグ優勝という大きな置き土産を残して、初めての海外挑戦を迎えている。

 移籍1年目となる昨季は公式戦39試合に出場した。正GKの座を確保し、文字通り最後の砦として後方からチームを支えた。身長181cmとGKの中では小柄な部類に入るが、果敢な飛び出しやビックセーブで試合の流れを変えることができる。

 昨年10月に行われたMLSウェスタン・カンファレンス第37節のシアトル・サウンダーズ戦(0-0)ではクリーンシートを達成。計17本のシュートを打たれ、相手にボールを握られる展開が続く中で、圧巻の5セーブでゴールを死守した。この活躍によりMLS第37節のベストイレブンに選出されている。

 Jリーグ、そして海外でも確かな結果を残している同選手を、1度もA代表に招集しないのは勿体ない。どっしりと構えて要所でのセーブで安心感をもたらしてくれるGKは代表に欲しいキャラクターだ。高丘が日本のゴールマウスを守る試合を早く観てみたい。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top