Home » 海外サッカー » ぜひ日本へ! Jリーグに推薦したいアジアカップの各国代表選手10人。イチオシの人物とは?【アジアカップ2023】

サッカーAFCアジアカップカタール2023(アジア杯) 最新ニュース

AFCアジアカップカタール2023(アジア杯)もベスト4が出揃い、いよいよクライマックスを迎えようとしている。大会を通してアジアのレベルアップとポテンシャルを再確認した人も多いのではないだろうか。今回は、出場した選手の中からJリーグに推薦したいアジアでプレーする各国の代表選手10人を紹介する。


MF:サラー・アル・ヤハヤエイ(オマーン代表)

オマーン代表MFサラー・アル・ヤハヤエイ

【写真:Getty Images】

生年月日:1998年8月17日(25歳)
所属クラブ:アル・ナフダ
AFCアジアカップ2023成績:3試合1得点0アシスト

アジアカップはDAZNが独占配信!
月額720円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 今大会で最も目立ったドリブラーはオマーン代表MFサラー・アル・ヤハヤエイで間違いないだろう。同国代表はグループリーグで敗退となったが、この男はデータサイト『Sofa Score』によると3試合で18回のドリブルを成功させた。

 ボールを扱うことに関しては今大会随一の上手さを誇る。味方選手からのパスをワントラップ目で届かない完璧な位置にコントロールして、華麗な身のこなしやターンでボールをキープ。2人や3人に囲まれてもボールを失わないキープ力があるため、自分に相手選手を引きつけることで周りの選手がフリーになる現象が生まれる。

 ブラジル人選手を彷彿とさせる華麗なテクニックに加え、彼のドリブルは日本代表FW三笘薫のように右足のアウトサイドで運ぶのが特徴だ。左サイドでプレーする際には急加速での縦への突破もあれば、カットインからのシュートやクロスもある。そして縦に突破をした際にはノーモーションのアウトサイドパスで中央に折り返せるため、相手選手からすると、どのタイミングでパスが出てくるのかが分かりづらい。

 彼の凄さは左サイドでも右サイドでも同じクオリティを保ちながら相手守備陣を1人で突破できることにあるだろう。トップ下を初期配置としながら、ボールがあるサイドに流れてそこで数的優位を作る。今大会初戦で戦ったサウジアラビア代表はこの神出鬼没なドリブラーに大苦戦を強いられ、2人掛かりでも止められず、あっさりとボックス内に進入されるシーンもあった。

 彼がトップレベルでも通用することは、今大会が開幕する以前に証明されている。カタールワールドカップ直前の2022年11月に行われたドイツ代表との親善試合で先発出場すると、得意のドリブルで無双。ドリブル成功率は驚異の100%を記録し、1人で6つのファウルを誘った。ヨーロッパでも通用するスキルを持つこのドリブラーをぜひともJリーグクラブに推薦したい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top