Home » 海外サッカー » プレミアリーグ » 【遠藤航・分析コラム】リバプールは何が変わったのか? 前後半で別人。遠藤を輝かせる“得意の形”とは

【遠藤航・分析コラム】リバプールは何が変わったのか? 前後半で別人。遠藤を輝かせる“得意の形”とは

2024年02月11日(日)11時49分配信

シリーズ:分析コラム
text by 安洋一郎 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

リバプール最新ニュース

プレミアリーグ第24節、リバプール対バーンリーが現地時間10日に行われ、3-1でホームチームが勝利した。この試合で遠藤航のパフォーマンスは前半と後半で“別人“のようだった。後半のパフォーマンスは凄まじく、勝利に直結する活躍を披露している。試合の中で見られた”ある変化“が日本代表MFを輝かせた。(文:安洋一郎)


日本代表から復帰の遠藤航が勝利に貢献

リバプールに所属する日本代表MF遠藤航

【写真:Getty Images】

 前節アーセナルに1-3で敗れたリバプールが本拠地アンフィールドで見事なリアクションをみせた。降格圏に沈むバーンリー相手に3-1の完勝を収めている。

今シーズンのリバプールはSPOTV NOWで全試合配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]


 この試合で一つのトピックとなったのが、AFCアジアカップ2023でチームを離れていた遠藤航の復帰だ。元日に行われたニューカッスル戦以来のメンバー入りとなった日本代表MFは、ソボスライ・ドミニクが負傷離脱していることもあり、早速スタメンに名を連ねた。

 復帰戦のパフォーマンスについて、結論から述べると、前半と後半で遠藤は“別人”のようだった。

 前半も特別悪いわけではなかったが、イエローカードを貰ったシーンや失点シーンでの対応など、やや不安定な一面もあったのは確かだろう。一方の後半は攻守に効いている場面が多く、52分の勝ち越しゴールの場面では良い守備から得点に関与。そのほかミスも少なく、後半のパフォーマンスが安定していたのは明らかだった。

 なぜ、遠藤は前半よりも後半の方が機能したのだろうか。

1 2 3 4

新着記事

↑top