ユルゲン・クロップ

ユルゲン・クロップ

クロップは“素っ裸になりたい派”。バルセロナを「退屈」と言った男が繰り出す秩序と混沌の昇華【ドイツフスバルのDNA 後編】

歴史のあるヨーロッパのフットボールクラブを「常勝」「“ザ哲学”」「港町」「ライバル」「成金」「小さな街の大きな」「名将」の7つのカテゴリーに分け、それぞれのフィロソフィーがどうなっているのか見てみようと試みた『フットボールクラブ哲学図鑑』(西部謙司著)から、ドイツらしいフットボールに迫ったボルシア・ドルトムント×ボルシアMGの章を7月13日の発売に先駆けて一部を抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:西部謙司)

ユルゲン・クロップ

クロップ×香川真司のドルトムントの爆発力。若く、速く、激しい…その魅力の根源とは?【ドイツフスバルのDNA 前編】

歴史のあるヨーロッパのフットボールクラブを「常勝」「“ザ哲学”」「港町」「ライバル」「成金」「小さな街の大きな」「名将」の7つのカテゴリーに分け、それぞれのフィロソフィーがどうなっているのか見てみようと試みた『フットボールクラブ哲学図鑑』(西部謙司著)から、ドイツらしいフットボールに迫ったボルシア・ドルトムント×ボルシアMGの章を7月13日の発売に先駆けて一部を抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:西部謙司)

0702Liverpool_getty

リバプール歴代ユニフォーム。3度の欧州制覇とプレミア優勝に迫ったシーズン。ジェラードやオーウェンが着ていたのは…

イングランド屈指の名門クラブであるリバプールは、21世紀に入ってから3度の欧州制覇を成し遂げている。マイケル・オーウェン、スティーブン・ジェラード、フィルジル・ファン・ダイクといったスター選手たちはどのようなユニフォームを着てプレーしていたのか。今回は印象的だった5つのシーズンを、歴史と記憶が刻まれたユニフォームとともに振り返っていきたい。

0630Liverpool_getty

リバプールのゲーゲンプレスを完成させた独自の補強戦略とは? クロップが求めるのは… 【リバプールの20年史(終)】

1989/90シーズンを最後にリーグ優勝から遠ざかっていたリバプールは今季、19度目のリーグ優勝を果たした。80年代にサッカー史に残る2つの悲劇を目の当たりにしたリバプールはその後、どのような道のりを歩んできたのか。最終回となる第4回は、30年ぶりのリーグ優勝を成し遂げたユルゲン・クロップのチームを振り返る。(文:西部謙司)

南野拓実

リバプール、南野拓実がハーフタイムで下げられた理由は? 再開初戦で王者を苦しめたクロップキラーの策略

プレミアリーグ第30節、エバートン対リバプールが現地時間21日に行われ、試合は0-0のドローに終わった。南野拓実はリーグ再開初戦の先発メンバーに名を連ねたが、ハーフタイムに退いている。再開初戦でリバプールが勝ち点3を掴むことができなかった理由と、南野のパフォーマンスはどうだったのか振り返ってみたい。(文:加藤健一)

ディエゴ・シメオネ

“クロップ殺し”を遂げたシメオネの信念とは? 「攻撃は最大の防御」など戯言。真に優劣を決めるもの【データアナリストの眼力 後編】

最先端の戦術コンセプトを独自の分析で一枚の絵に表現してきた“異端のアナリスト”庄司悟氏の新連載が6/8発売の『フットボール批評issue28』でスタートする。最強リバプールをCLラウンド16で打ち破ったディエゴ・シメオネのアトレティコ・マドリーを解き明かした記事を、発売に先駆けて一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:庄司悟)

新着記事

↑top