ユルゲン・クロップ

ユルゲン・クロップ

絶不調リバプールで気がかりな点は…。マンUに敗戦、今の姿は絶不調に陥ったドルトムント時代に似てきた【分析コラム】

FAカップ4回戦、マンチェスター・ユナイテッド対リバプールが現地時間24日に行われ、2-3でホームチームが勝利を収めている。昨季プレミアリーグ王者に輝いたリバプールはこれで公式戦3試合勝ちなしと、悪い流れが続いている。今の姿は、絶不調に陥ったドルトムントの最後のシーズンに似ているのかもしれない。(文:本田千尋)

0122Klopp_getty

リバプールが狂った…今何が起きているのか? クロップ政権最低の前半戦、直面する最大の課題【分析コラム】

プレミアリーグ第19節、リバプール対バーンリーが現地時間21日に行われ、0-1でリバプールが敗れた。リバプールは連続無得点が4試合に延び、5戦連続未勝利となった。欧州最強とまで言われたチームが不調に陥った原因を様々な角度から検証する。(文:加藤健一)

0109Minamino_getty

南野拓実、クロップの意図を汲んだプレーとは?奇妙な“トレーニング・マッチ”で得た収穫【分析コラム】

FAカップ3回戦、アストン・ヴィラ対リバプールが現地時間8日に行われ、1-4でリバプールが勝利した。南野拓実は公式戦3試合ぶりに先発し、チームの2点目をアシスト。下部組織の選手で構成されていたアストン・ヴィラ戦の勝利は、リバプールにとっては収穫となった。(文:本田千尋)

0105Minamino_getty

南野拓実はなぜ使われないのか? 初ゴールから3戦連続出場なし。リバプールの攻撃陣は不調なのに…【分析コラム】

プレミアリーグ第17節、サウサンプトン対リバプールが現地時間4日に行われ、1-0でサウサンプトンが勝利した。南野拓実はプレミアリーグ初ゴールを決めたクリスタル・パレス戦から3試合連続で出場なし。その3試合でわずか1得点と攻撃陣が停滞するリバプールで、なぜ出番を得ることができていないのだろうか。(文:加藤健一)

0101FabinhoKlopp_getty

ファビーニョはなぜ不可欠なのか? リバプールを前進させるその能力【ファビーニョの取扱説明書・後編】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、ファビーニョの取扱説明書を一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:リー・スコット)

0101Fabinho_getty

ファビーニョはどんな選手? リバプールの心臓、カオスが生まれる瞬間に活きる能力とは【ファビーニョの取扱説明書・前編】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、ファビーニョの取扱説明書を一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:リー・スコット)

1230Vandijk2_getty

そのファン・ダイクの驚異的な凄さとは? 守備で発揮する圧倒的な支配力【ファン・ダイクの取扱説明書・後編】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、フィルジル・ファン・ダイクの取扱説明書を一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:リー・スコット)

1230Vandijk1_getty

ファン・ダイクはどんな選手? リバプールで活きるパス能力。その実力とは?【ファン・ダイクの取扱説明書・前編】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、フィルジル・ファン・ダイクの取扱説明書を一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:リー・スコット)

リバプール

クロップも驚愕の6-4。なぜリバプールはゴールラッシュできなかったのか? WBA戦1-1の要因に迫る【分析コラム】

プレミアリーグ第15節、リバプール対ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)が現地時間27日に行われた。首位と19位の対戦となった一戦は1-1のドローという結果となった。試合開始早々の12分に先制点を決めながら、リバプールはなぜ勝ち点を落としたのか?(文:本田千尋)

リバプール

マネとサラーは驚異的に補完し合う。リバプールを背負う2人の異なる特徴とは?【クロップ流・偽ウイング(3)】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、リバプールにとって最も重要な役割であるウイングを分析した「偽ウイング」を一部抜粋して全3回で公開する。今回は第3回。(文:リー・スコット)

リバプール

マネとサラーはロッベンを超えた。リバプールのWGが得点を量産する理由とは?【クロップ流・偽ウイング(2)】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、リバプールにとって最も重要な役割であるウイングを分析した「偽ウイング」を一部抜粋して全3回で公開する。今回は第2回。(文:リー・スコット)

リバプール

「偽ウイング」とは何か? リバプールを最強にしたポジション。その重要な役割とは【クロップ流・偽ウイング(1)】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、リバプールにとって最も重要な役割であるウイングを分析した「偽ウイング」を一部抜粋して全3回で公開する。今回は第1回。(文:リー・スコット)

新着記事

↑top