Home » 海外サッカー » プレミアリーグ » リバプールで遠藤航の信頼度が上がった根拠。移籍当初から何が変わったのか?【分析コラム】

リバプールで遠藤航の信頼度が上がった根拠。移籍当初から何が変わったのか?【分析コラム】

2023年11月26日(日)11時52分配信

シリーズ:分析コラム
text by 安洋一郎 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , ,

リバプール最新ニュース

プレミアリーグ第13節、マンチェスター・シティ対リバプールが現地時間25日に行われ、1-1のドローに終わった。この試合で遠藤航は85分から出場。アディショナルタイムを含めて10分弱の出場だったが、それでもユルゲン・クロップ監督からの信頼度が上がったと言い切れる。その理由とは。(文:安洋一郎)


プレミアリーグ屈指の大一番に遠藤航が出場

リバプールMF遠藤航

【写真:Getty Images】

 ジョゼップ・グアルディオラとユルゲン・クロップという、近年のプレミアリーグのレベルを大幅に引き上げた二人の名将対決は1-1の引き分けに終わった。

【今シーズンのリバプールはSPOTV NOWで!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中!】[PR]



 チャンスの数からして、どちらかと言えばホームのマンチェスター・シティに勝利のチャンスがあった。しかし、決定機を決められなかったことで勝機を逃したが、それでもグアルディオラ監督が「信じられないほど素晴らしい試合だった」と発言するほど、両者は拮抗した戦いをみせていた。

 ダービーマッチに近い熱気があるこの一戦は、リーグの最終順位に影響を及ぼすほど強い影響力がある。

 そんな大一番でリバプールの遠藤航は85分からアレクシス・マクアリスターに代わってピッチに立った。アディショナルタイムを含めて10分弱のプレーだったが、この短い時間であってもクロップ監督の中で彼の信頼度が上がったと言い切れる。

1 2 3 4

新着記事

↑top