Home » 海外サッカー » 遠藤航がリバプールで生き残るためには? クロップ監督から託されるミッション【EL分析コラム】

遠藤航がリバプールで生き残るためには? クロップ監督から託されるミッション【EL分析コラム】

2023年12月01日(金)11時52分配信

シリーズ:分析コラム
text by 小澤祐作 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

UEFAヨーロッパリーグ(欧州EL)最新ニュース

UEFAヨーロッパリーグ(EL)・グループリーグE第5節、リバプール対LASKリンツが現地時間11月30日に行われ、4-0でホームチームが大勝した。サッカー日本代表MF遠藤航はフル出場を達成。前節トゥールーズ戦と大きく異なり、攻守で存在感を放った。そんな遠藤がチームで生き残るためには。(文:小澤祐作)


リバプールがホームで快勝

リバプール
【写真:Getty Images】

 サプライズは起きず、試合後のアンフィールドは拍手に包まれた。

【欧州CL・ELを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】[PR]


 UEFAヨーロッパリーグ(EL)・グループリーグ第5節でオーストリアの強豪LSAKリンツを迎えたリバプールは、12分にルイス・ディアスの強烈なヘディングシュートで先制点を奪うと、その3分後にコーディ・ガクポが追加点をマーク。後半に入っても攻撃の手を緩めることはなく、51分にモハメド・サラーがPKを沈め、アディショルタイムにはガクポがダメ押しの4点目を奪った。対してLASKにはGKクィービーン・ケレハーの活躍もあって得点を与えず、4-0という完璧なスコアで試合を締めている。

 同日に試合を行なっていたグループEのもう1試合で2位のトゥールーズがユニオン・サン=ジロワーズとスコアレスドローに終わったため、この時点でリバプールの首位通過が確定。過密日程が続く中、第6節で大幅なターンオーバーを採用できるのは大きく、ユルゲン・クロップ監督も「それは(首位に立っていることは)良いことであり、これから忙しくなるスケジュールをこなしていく上でとても重要なことだね」とコメントを残している。

 そんなLASK戦で、サッカー日本代表MF遠藤航は先発入り。そしてフル出場を果たした。

1 2 3 4

新着記事

↑top