Home » 海外サッカー » プレミアリーグ » 【遠藤航・分析コラム】見抜かれた弱点とは? 致命的なミス、前半のみで交代。狙われたアンカーの隙

【遠藤航・分析コラム】見抜かれた弱点とは? 致命的なミス、前半のみで交代。狙われたアンカーの隙

2023年12月10日(日)11時54分配信

シリーズ:分析コラム
text by 安洋一郎 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , ,

リバプール最新ニュース

プレミアリーグ第16節、クリスタル・パレス対リバプールが現地時間9日に行われ、1-2でアウェイチームが勝利している。アレクシス・マック・アリスターの欠場に伴い、先発に抜擢された遠藤航だったが、前半のみで交代に。その理由は彼が抱える「課題」にあった。(文:安洋一郎)


リバプールが劇的な逆転勝利

【写真:Getty Images】

 リバプールが強い理由がよくわかる試合展開だった。

【今シーズンのリバプールはSPOTV NOWで!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中!】[PR]



 ユルゲン・クロップ監督のチームからすると先制を許す苦しい展開となったが、75分にクリスタル・パレスのジョーダン・アユーが退場すると一気に風向きが変わる。直後の76分にモハメド・サラーのゴールで追いつき、91分にハーヴェイ・エリオットのゴールで逆転に成功した。

 データサイト『Opta』によると、リバプールはプレミアリーグでアディショナルタイムに通算43ゴールを決めており、これは歴代最多の記録だそうだ。まさにクラブの真骨頂である終盤の勝負強さが発揮されたゲームだったと言えるだろう。

 結果的に勝利をしたとはいえ、内容面では物足りなかった。先述した通り、風向きが変わったのは相手に退場者が出て以降で、それ以前の戦いぶりは微妙だった。クロップ監督も試合後の『TNT Sports』のインタビューで「(同点ゴールを決めるまでの)76分間は本当にひどい試合だった」と苦戦したことを認めている。

 その一因となってしまったのが、怪我で今節を欠場したアレクシス・マック・アリスターに代わってアンカーで先発起用された遠藤航の保持面でのクオリティ不足だった。

 なぜ、日本代表MFは苦しいパフォーマンスに終わった上で、前半のみで交代となってしまったのだろうか。

1 2 3 4

新着記事

↑top