Home » 海外サッカー » プレミアリーグ » クロップ監督の引き際。残されたリバプールの未来は明るいのか? ファーガソンと比較する名将退任のタイミング【コラム】

クロップ監督の引き際。残されたリバプールの未来は明るいのか? ファーガソンと比較する名将退任のタイミング【コラム】

2024年02月02日(金)11時30分配信

シリーズ:コラム
text by 内藤秀明 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

リバプール最新ニュース

 リバプールは1月26日、2015年10月から指揮を執るユルゲン・クロップが23/24シーズン限りで退任することを発表した。約9年に及ぶ長期政権でクロップがクラブに残したものは多いが、長期政権後に苦しむクラブは過去に数多くあった。果たして、クロップ監督退任のタイミングはどうだったのか、他クラブを例に考える。(文:内藤秀明)


「いまだに疑問視…」名将の“辞め方”

ユルゲン・クロップ監督とサー・アレックス・ファーガソン元監督

【写真:Getty Images】

 1月26日、名将ユルゲン・クロップが今シーズンいっぱいで退任することをリバプールは発表した。この寝耳に水の発表に多くのフットボールファンは驚き、とりわけリバプールファンは悲しさと寂しさに襲われることになった。残り4ヶ月という終わりが明確にあるクロップリバプールは、これまでの桜花爛漫さだけでなく、どこか儚さも見せてくれるのだろうか。見逃せない試合が続くことは間違いない。

【今シーズンのリバプールはSPOTV NOWで!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中!】[PR]



 ただし今のリバプールは、クロップが去った後も枯れ木のような惨状になるとは思えない。そういう意味では、今回のクロップの退任事件は、桜で例えるのは不適当なのかもしれない。むしろクラブのクレストに描かれているライバーバードのごとく、立つ鳥跡を濁さずと言ったところか。

 というのも現在のリバプールのスカッドは伸び代のある選手が多く、来季以降も監督人事を間違えなければ、さらに飛躍する可能性を大きく感じさせる。その辺りは近隣のライバルクラブ、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンド監督の退任事例とは大きく異なる。

 振り返ること11年前、在任期間の27年間で38個ものタイトルを獲得した名将サー・アレックス・ファーガソンが、リーグタイトル獲得という有終の美を飾って退任した。筆者はこの老将に対して、あるいは彼の在任期間に対して心より尊敬の念を抱いているが、後任への受け渡し方としては綺麗だったか、いまだに疑問視している。

1 2 3

新着記事

↑top