Home » 海外サッカー » ぜひウチへ! 現在フリーの“最強”外国人監督10人。CL制覇経験者に代表での実績十分の名将も

ぜひウチへ! 現在フリーの“最強”外国人監督10人。CL制覇経験者に代表での実績十分の名将も

2024年02月10日(土)7時00分配信

シリーズ:現在フリーの監督10人
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , ,

欧州サッカー 最新ニュース

 監督交代はチームの状況を大きく変える大チャンスである。欧州主要リーグも2023/24シーズンの後半に突入し、間もなくアフリカとアジアで大きな国際大会が終わろうとしている。多くのチームが監督交代を試みることが予想されているこのタイミングで、今回は今すぐに招聘が可能な現在フリーの立場にある世界有数の監督10人を紹介する。


カルロス・ケイロス

元カタール代表監督カルロス・ケイロス
【写真:Getty Images】

生年月日:1970年6月8日
前職:カタール代表監督

欧州CL・ELはWOWOWで全試合独占配信中!
初回1ヶ月無料でお得に観られるWOWOWに加入[PR]


 カルロス・ケイロスほど、代表チームでの経験がある監督は他にいないのではないだろうか。

 計8つのナショナルチームで監督を務め、ワールドカップは2010大会から4大会続けて指揮。決して突破が簡単ではない予選を勝ち上がって、多くのチームを世界最高の舞台へと導いている(2度目の指揮となった直近のイラン代表は本大会直前に就任)。

 3月に71歳を迎える経験豊富な名将は、2022年のワールドカップ後にカタール代表監督に就任した。昨年11月から行われているワールドカップ二次予選で2連勝を飾ったが、12月に双方合意のもとで契約を解除して退任となった。これは成績不振(5勝2分5敗)による事実上の解任と見られている。

 直近のカタール代表こそ失敗に終わってしまったが、多くのナショナルチームをワールドカップ出場に導いた手腕は賞賛されるべきだろう。昨年12月からフリーの状況が続いているが、これまでの実績を踏まえれば、アフリカ・ネーションズカップとアジアカップが終わったタイミングで再び職を手にしても不思議ではない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top