アントニオ・コンテ

20210222_milan_getty

ミランはなぜインテルにボコボコにされたのか。ルカクを恐れ過ぎた主将、浮き彫りとなった脆さとは【分析コラム】

セリエA第23節、ミラン対インテルが現地時間21日に行われ、0-3でアウェイチームが勝利している。首位の座を取り戻したかったミランだが、アントニオ・コンテ監督率いるインテルに完敗。冬の王者に何が起きたのか。(文:小澤祐作)

アンドレア・ピルロ

ユベントス、ピルロは指揮官としても面白い。巧みだったゲーム運び、インテル戦での新たな試みとは【分析コラム】

コッパ・イタリア準決勝2ndレグ、ユベントス対インテルが現地時間9日に行われ、0-0のドロー。2戦合計スコアで2-1としたユベントスが決勝へと駒を進めることになった。アリアンツ・スタジアムでのゲームで得点は生まれなかったが、両指揮官の采配など、見どころは非常に多かった。(文:小澤祐作)

20210118_serieA_getty

インテルの23番が悪魔だった。絶対王者ユベントスが成す術なく完敗した要因とは?【分析コラム】

セリエA第18節、インテル対ユベントスが現地時間17日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。10連覇を目指すユベントスはこれ以上インテルとの勝ち点差を広げられるわけにはいかなかったが、成す術なく完敗を喫した。一体何が起きたのだろうか。(文:小澤祐作)

クリスティアン・エリクセン

インテル、屈辱の3年連続GS敗退を招いた4つの要因。シャフタールの若手GKにトドメを刺され最下位に…【CL分析コラム】

UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ最終節が現地9日に行われた。シャフタール・ドネツクとスコアレスドローに終わったインテルは、3年連続のグループステージ敗退が決定。しかもUEFAヨーロッパリーグには回れないグループ最下位という屈辱を味わった。なぜこれほどまでに厳しい終わり方となってしまったのだろうか。(文:舩木渉)

20201206_tomiyasu_getty

冨安健洋は薙ぎ倒されてしまった。怪物FWルカクの脅威。「サッカーで止めるのは無理」と闘将もお手上げ【分析コラム】

セリエA第10節、インテル対ボローニャが現地時間5日に行われ、3-1でホームチームが勝利している。日本代表DFの冨安健洋はこの日もフル出場。しかし、2失点に絡むなど、内容は良くなかった。とくに、怪物FWロメル・ルカクには大苦戦を強いられてしまった。(文:神尾光臣【イタリア】)

20201112_inter_getty

インテル最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。打倒ユベントスを狙う、11人のコンテ・チルドレンたち

セリエAも7節を消化した。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、インテルの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

インテル

インテル、質・量ともに充実のA評価補強。ハキミは大当たり、打倒ユベントスへ強力な陣容整う【欧州主要クラブ補強診断(10)】

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季のセリエAを2位で終えたインテルの補強動向を読み解く。

20200930_intermilan_getty

インテル期待の新戦力5人。モヒカン頭のファイターが加入、17日で買い戻された若手FWも

ユベントスのセリエA10連覇阻止に最も近いのは、インテルだろう。2019/20シーズンは最終的に勝ち点1差の2位フィニッシュで、アントニオ・コンテ監督率いるチームは絶対王者に肉薄した。満を時してタイトル奪取に挑む新シーズンに向けて、頼もしい新戦力が加わっている。そこで今回は2020/21シーズンのインテルで期待の新加入選手やブレイク候補の若手選手たちを5人紹介する。

新着記事

↑top