スティーブ・ブルース
【写真:Getty Images】



 プレミアリーグのニューカッスルは20日、スティーブ・ブルース監督との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。新監督候補としては様々なビッグネームが噂に上っている。

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ニューカッスルは今季プレミアリーグで開幕から8試合を終えて白星がなく、降格圏の19位に低迷。ブルース監督の立場が危うくなっていたところに、今月7日にはサウジアラビア公的投資基金(PIF)などによるクラブ買収が完了し、新たに大物監督を招へいするのではないかという憶測が加速していた。

 オーナー交代後の最初の試合となった17日のトッテナム戦も、ホームで2-3の敗戦。この試合が最後の引き金となり、事実上の解任となる契約解除の決断が下されることになった。

 今週末に予定される次節クリスタル・パレス戦など当面は、ブルース監督のアシスタントを務めていたグレアム・ジョーンズ氏が暫定的にチームの指揮を執ると発表された。だが英国各メディアでは正式な新監督候補として様々な名前が飛び交っている。

 最有力候補ではないかと言われるのはローマ前監督のパウロ・フォンセカ氏。だが他にもインテル前監督のアントニオ・コンテ氏や、ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督、レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督、チェルシー前監督のフランク・ランパード氏、ボルシア・ドルトムント元監督のリュシアン・ファーヴル氏、ダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督など、候補として挙げられている名前は非常に多い。

【了】

新着記事

↑top