Home » 海外サッカー » ぜひウチへ! 現在フリーの外国人監督10人。元サッカー日本代表指揮官にJリーグを魅了した男も

サッカー最新ニュース

監督交代はチームの状況を大きく変える大チャンスである。欧州主要リーグも2023/24シーズンのおよそ半分が経過、そして直近のインターナショナルマッチウィークの結果により監督人事に揺れている代表チームもある。今回は今すぐに招聘が可能な現在フリーの立場にある世界有数の監督10人を紹介する。


ヨアヒム・レーヴ(ドイツ)

ヨアヒム・レーヴ
【写真:Getty Images】


生年月日:1960年2月3日
前職:ドイツ代表監督


【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 東西統一後のドイツ代表を率い、最も成功を収めてきた監督はヨアヒム・レーヴだ。実に15年間、198試合で指揮を執り、2014年のブラジルワールドカップ制覇を筆頭に輝かしい成績を残している。

 2006年、レーヴはユルゲン・クリンスマンの後を継ぐ形でドイツ代表監督に就任した。その後、ボールポゼッションを基調としながらシステムや選手配置のバリエーションを増やすことでマンネリ化を回避し、年を重ねるごとに自らが志向するサッカーをアップグレード。それがブラジルW杯制覇や、後の長期政権につながったとも言える。

 しかし、ブラジルW杯を制した後、ドイツ代表は衰退。2018年のロシアW杯でグループリーグ敗退に終わると、2021年のEURO(欧州選手権)ではイングランド代表にあっけなく敗れベスト16で姿を消した。そして同大会後にレーヴはドイツ代表監督を退任。後に同指揮官はポッドキャスト『Spielmacher』に対し「あれほど長い間ひとつの目標(W杯)に向かって挑み、それを成し遂げたことで自分の中に一種の空虚感があったんだ」と振り返っていた。

 レーヴがドイツ代表監督の座から降り、すでに2年以上が経過している。その間に様々なクラブや代表チームへの監督就任が噂されたが、いずれも実現することはなく、今も同指揮官はフリーの身だ。ドイツ代表を率い世界の頂点を経験した男が新たな挑戦を決断する時はいつなのか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top