ジョゼ・モウリーニョ

イルカイ・ギュンドアン

マンCが強すぎる! 圧巻の背番号8、偽9番という新しい武器がトッテナムを終始圧倒【分析コラム】

プレミアリーグ第24節、マンチェスター・シティ対トッテナムが現地時間13日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。好調シティはトッテナムに何もさせず。イルカイ・ギュンドアンは再び輝きを放った。(文:小澤祐作)

リバプール

リバプールは思いのほかハマった。トッテナム撃破の要因は? データが示す狙いと鍵だった韓国FWの起用法【分析コラム】

プレミアリーグ第20節、トッテナム対リバプールが現地時間28日に行われ、1-3でアウェイチームが勝利している。リバプールはこれが実にリーグ戦5試合ぶりの勝利。ここ最近は得点力不足も目立ったが、この日は3得点を奪取と自信を取り戻すのに十分な試合内容であった。ただ、問題は終わらない。(文:小澤祐作)

ガレス・ベイル

ベイルに居場所はないのか? 好調トッテナムで蚊帳の外、モウリーニョは“最後通告”を突きつけた【分析コラム】

現地17日にプレミアリーグ第19節が行われ、トッテナムはシェフィールド・ユナイテッドに3-1で勝利を収めた。ハリー・ケインやソン・フンミンら好調な攻撃陣が結果を残す一方、ガレス・ベイルはベンチに座ったまま試合終了の笛を聴いた。レアル・マドリードから期限付き移籍で古巣復帰を果たし、大きな期待を寄せられながらほとんど活躍できていないかつてのエースに居場所はあるのだろうか。(文:舩木渉)

ハリー・ケイン

「酷すぎる仕打ち、狂気の沙汰」なのか? トッテナム対フルアムの急開催…プレミアリーグに今こそ必要なもの【分析コラム】

現地13日にプレミアリーグ第16節の延期されていた試合が開催され、トッテナムとフルアムが1-1で引き分けた。もともと昨年末に組まれていたカードだったが、今月11日になって急きょ「2日後の開催」が決まった。今後もこうした突然の日程変更がありうるなかで、イングランドでは終わりのない議論が繰り広げられている。(文:舩木渉)

新着記事

↑top