ジョゼ・モウリーニョ

イングランド

モウリーニョが放ったアーセナルへの4つの暴言。今や懐かしい…ヴェンゲルとの舌戦の数々【編集部フォーカス】

トッテナムの新監督にジョゼ・モウリーニョが就任した。マウリシオ・ポチェッティーノ解任発表からおよそ13時間後というスピード感だったこともあり、メディアを大いに賑わせた。ただメディアを騒がせる事に関してはポルトガル人監督の専売特許である。特に新チームのライバルクラブであるアーセナルに対して、過激な発言を何度も残して話題になってきた。そこで今回はモウリーニョのアーセナルに対しての過去の発言を振り返っていきたい。(文:内藤秀明)

ジョゼ・モウリーニョ

トッテナム、ドイツ王者を前になす術なし…試合を掌握したバイエルンとの力の差とは?

チャンピオンズリーグ(CL)第6節、バイエルン・ミュンヘン対トッテナムの一戦が現地11日に行われ、ホームチームが3-1で勝利を収めた。両者決勝トーナメント進出を決めている中で、エースをスタメンから外して挑んだ。特にトッテナムはこれまで出場機会に恵まれない選手を起用したが、ドイツ王者を前になす術なし。防戦一方の展開となった。(文:松井悠眞)

ジョゼ・モウリーニョ

トッテナム、モウリーニョ体制で目に見えた変化とは? 公式戦5試合16得点の攻撃陣、その強さの秘密

プレミアリーグ第16節、トッテナム対バーンリーの一戦が現地時間7日に行われて、ホームチームが5-0と勝利をした。トッテナムは前節のユナイテッド戦で新体制後初黒星となったが、それを感じさせない圧巻のパフォーマンスを見せた。絶好調のチームだが、その強さの秘密はどこにあるのだろうか。(文:松井悠眞)

ジョゼ・モウリーニョ

トッテナム、モウリーニョが見せた2つの狙い。一方で繰り返される同じ過ち…明らかになった課題とは?

プレミアリーグ第14節、トッテナム対ボーンマスの一戦が現地11月30日に行われて、3-2でホームチームが勝利をした。モウリーニョ体制後、3試合で10得点と前線が大爆発中だが、失点数が6と多いのも事実。この試合も3点を奪っておきながら2点を返されてしまい、初陣となったウエストハム戦同様の展開となった。新生トッテナムの課題が浮き彫りになった。(文:松井悠眞)

1129Mourinho_getty

モウリーニョは過去の間違いを認め、変わろうとしている。トッテナムで待ち受けるのは成功か反発か…【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

ジョゼ・モウリーニョは解任されたマウリシオ・ポチェッティーノの後を継ぎ、トッテナムの指揮官に就任した。「現場を離れていた11か月間で、物の見方が変わった」と話す「スペシャルワン」は、トッテナムに何をもたらすのか。注目を集めるトッテナムとモウリーニョの未来を考える。(文:粕谷秀樹)

新着記事

↑top