長い歴史を持つリーガ・エスパニョーラでは、これまで多くの傑出したパサーが活躍してきた。そこで、今回は21世紀に在籍した選手を対象としたアシストランキングを紹介する。※01/02シーズン以降に在籍した選手が対象、成績は20/21シーズンまで、データは『transfermarkt』を参照

5位:禁断の移籍をしたポルトガル史上最高のMF

0830-フィーゴ
【写真:Getty Images】

MF:ルイス・フィーゴ(元ポルトガル代表)
在籍期間:95年夏~00年夏(バルセロナ)、00年夏~05年夏(レアル・マドリード)
リーグ通算成績:336試合66得点89アシスト
代表通算成績:127試合32得点23アシスト


【今シーズンのリーガはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 スポルティングCPでプロキャリアをスタートしたルイス・フィーゴは、ルイ・コスタらとともにU-17欧州選手権とU-20ワールドカップを優勝。ポルトガルの黄金期を築き上げた。クラブでも94/94シーズンにタサ・デ・ポルトガル(国内カップ)を制し、翌年に250万ユーロ(約3.6億円)でバルセロナに加入した。

 加入初年度からリバウドやルイス・エンリケを擁したバルセロナで主力に定着したフィーゴは、98/99シーズンに34試合で17アシストをあげ、自身初の2桁アシストを記録。在籍5年間でリーグ2連覇やコパ・デル・レイ(国内カップ)2連覇に貢献し、スペインの地で世界的のトップスターに成長した。しかし、このポルトガル史上最高のMFは、徐々にバルセロナから十分な扱いを受けていないと感じはじめ、宿敵レアル・マドリードに当時の世界最高額6000万ユーロ(約72億円)で禁断の移籍を決断した。

 世界最高額で移籍したフィーゴは、1年目からリーグ34試合で18アシストを記録。チームをリーグとコパ・デル・レイの2冠に導き、その価値をプレーで証明してみせた。さらに、ジネディーヌ・ジダンとアンドリュー・シェフチェンコを抑え、その年のバロンドールを獲得。名実ともに世界最高の選手となった。後にデイビッド・ベッカムらスター選手が加入し、銀河系軍団となったチームでも10番を背負い、02/03、03/04と2シーズン連続の二桁アシストを記録した。

 リーガ・エスパニョーラの顔となる2つのクラブで世界最高の選手に昇り詰めたフィーゴは、2005年にインテルに移籍。ロベルト・マンチーニ監督とジョゼ・モウリーニョ監督の下でリーグ4連覇に貢献した後、2009年にスパイクを脱いだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top