ジョゼップ・グアルディオラ

ピーター・ボス

ドルト新監督が挑む“クライフ流”の大改革。刻まれたクロップのDNA、難航する再構築

近年のボルシア・ドルトムントを語る上で、ユルゲン・クロップという男の功績は欠かせない。ゲーゲンプレッシングなる守備戦術を生み出した熱い男がチームに残した遺産はあまりにも大きかった。変革を望んだトーマス・トゥヘルは志半ばで去り、新たにピーター・ボス監督が就任。果たしてヨハン・クライフの信奉者である新指揮官は、ドルトムントで成功への道を見出せるのだろうか。(取材・文:本田千尋)

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督

ペップ、失態許されぬ2年目へ。移籍市場で精力的に立ち回るシティ、欠けているピースは?

昨夏、ジョゼップ・グアルディオラを新監督に任命し、大きな期待とともにシーズン開幕を迎えたマンチェスター・シティ。だがその期待とは裏腹に、16/17シーズンは無冠に終わった。2季目となる17/18シーズン、稀代の名将が率いるチームはどのような姿を見せるのだろうか。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督

ペップ、失望と落胆ばかりのプレミア1季目。キャリア最大の正念場。信念の貫徹が裏目に

バルセロナとバイエルン・ミュンヘンで一時代を築き、大きな期待を背負ってマンチェスター・シティの監督に就任したジョゼップ・グアルディオラ。シーズン序盤こそチームは好調を維持していたが、現在ではチャンピオンズリーグ出場権獲得すら危ぶまれる状況に。稀代の戦術家は監督キャリア最大の正念場に直面している。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

近年のUEFAチャンピオンズリーグではプレミア勢がなかなか上位進出を果たしていない

CLで不振続くプレミア勢。“最興”、“最競”、“最狂”、ゆえに「最強」ではなく

UEFAチャンピオンズリーグでプレミア勢が勝ち進めていない。過去5年間は4度の準々決勝進出が精一杯で、今季もレスターの準々決勝進出が最高成績。イングランドの人々には、莫大な放映権収入で潤う“最興”のリーグが、「最強」ではないという自覚が芽生えているようだ。(取材・文:山中忍【イングランド】)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top