ジョゼップ・グアルディオラ

ケビン・デ・ブルイネ

これぞ世界最高のMF! デ・ブライネが当たり前のように別格。技術も良し、走っても良しなマンCの生命線【分析コラム】

プレミアリーグ第18節、マンチェスター・シティ対ブライトンが現地時間13日に行われ、1-0でホームチームが勝利している。44分にフィル・フォーデンの得点で先制に成功したマンCだったが、その後は追加点を奪えず。しかし、守備陣が安定し勝ち点3をもぎ取った。そして、あの男はこの日も別格だった。(文:小澤祐作)

ケビン・デ・ブルイネ

デ・ブライネの恐るべき能力とは? 対戦相手に与える恐怖とマンチェスター・シティにもたらす恩恵【デ・ブライネの取扱説明書・後編】

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた『ポジショナルフットボール教典』から、「ケヴィン・デ・ブライネ」の章より一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:リー・スコット)

ケビン・デ・ブルイネ

デ・ブライネはどんな選手? マンチェスター・シティで発揮される驚異的ロングパス能力【デ・ブライネの取扱説明書・前編】

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた『ポジショナルフットボール教典』から、「ケヴィン・デ・ブライネ」の章より一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:リー・スコット)

ペップ・グアルディオラ

マンCはなぜ得点できない? ペップの答えは…。元マンU守護神に奪われた重要な“勝ち点2″【分析コラム】

現地15日にプレミアリーグ第13節が行われ、マンチェスター・シティはウェストブロムウィッチと1-1で引き分けた。前節のマンチェスター・ダービーに続くドローだが、意味するものは全く違う。山ほどチャンスを作りながら、シティはなぜ追加点を奪えなかったのか。そして勝ちきれない試合が多い現状を選手たちや監督はどう捉えているのだろうか。(文:舩木渉)

ジョン・ストーンズ

「金返せ!」とはならない、白熱のマンチェスター・ダービー。マンC、ストーンズに完全復活の兆し【分析コラム】

現地12日にプレミアリーグ第12節が行われ、マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティが0-0のドローを演じた。静かに白熱したダービーマッチで目立ったのは、シティのDFジョン・ストーンズの充実ぶりだ。26歳になったイングランド代表センターバックは自信を取り戻し、長引いたコンディション不良から復調しつつある。(文:舩木渉)

ケビン・デ・ブルイネ

シティの低空飛行は続いている。それでも…リバプール戦は悪くない。その理由とは?

プレミアリーグ第8節、マンチェスター・シティ対リバプールが現地時間8日に行われ、1-1のドローに終わっている。ケビン・デ・ブルイネがPKを失敗し、勝ち点1を拾うに留まったシティは、これで現在暫定10位。低空飛行は続いている。しかし、リバプール戦ドローは悪くない。その理由は。(文:本田千尋)

新着記事

↑top