フットボールチャンネル

「アーセナルがチャンピオンに…」マンC指揮官が緊急出場の守護神を大絶賛。「1対1での彼は…」

text by 編集部 photo by Getty Images

マンチェスター・シティ 最新ニュース

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督

【写真:Getty Images】



4連覇に王手のジョゼップ・グアルディオラ監督

 プレミアリーグ第34節延期分、トッテナム対マンチェスター・シティが現地時間14日に行われ、アウェイのシティが2-0で勝利した。リーグ4連覇に向けて大一番を制したジョゼップ・グアルディオラ監督が、途中出場したドイツ人GKシュテファン・オルテガのパフォーマンスを絶賛した。スペインメディア『SPORT』が報じている。


今シーズンのマンチェスター・シティはSPOTV NOWで全試合配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]

 シティは、2019年4月から使用されているトッテナム・ホットスパー・スタジアムで、リーグ戦において、4試合を戦い全敗の無得点。まさに鬼門の地で重要な一戦を迎えた。この試合に勝利すれば、最終節を前に勝ち点差1で追うアーセナルを上回れるため、是が非でも勝利が欲しい一戦となった。

 試合は一進一退の攻防を繰り広げていた50分、シティが先制。サイドの崩しから、アーリング・ハーランドが押し込んでゴールを奪う。61分には、GKエデルソンが負傷交代を強いられ、アクシデントに見舞われる。だが、代わって出場したオルテガが素晴らしいセーブを連発。70分にデヤン・クルゼフスキの至近距離からのシュートを阻止すると、85分にはソン・フンミンとの1対1のピンチにも右足を伸ばしてブロック。得点を許さなかった。その後、90分に再びハーランドが、PKからゴールを決め、シティが2-0で白星を手にした。

 グアルディオラ監督は試合後、緊急出場にもかかわらず、絶体絶命のピンチを防ぎ、クリーンシートでの勝利に導いたオルテガを称賛。「彼がセーブしなければ、アーセナルがプレミアリーグのチャンピオンになっていただろう。1対1での彼は、最高のGKの1人。これほど1対1に優れたGKを今まで見たことがなかった」と最大級の賛辞の言葉を送った。

 さらに、「今は疲れているが、リラックスしているよ。明日から最終節のウェストハム・ユナイテッド戦について考えたい。選手たちが、ロッカールームでとても幸せだったことは嬉しいことだが、彼らもまだ戦いは終わっていないとわかっている。羽目を外して喜ぶようなことは見られなかったし、最終節が厳しい一戦だと完全に理解しているよ」とコメント。最終戦で決まる前人未踏のリーグ4連覇に向けて心境を語っている。

【関連記事】
マンチェスター・シティ23/24シーズン予想スタメン全選手紹介&フォーメーション
給料高すぎ!?マンチェスター・シティ、年俸ランキング1〜10位

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top