リオネル・メッシ

得意なパターンから得点を量産しているリオネル・メッシ

メッシのミニマリズム。最小限の技で最大限の効果、現代最高の選手が知るサッカーの原理【西部の目】

現代サッカー最高の選手と評していいであろうバルセロナのリオネル・メッシ。派手なテクニックを使うことはほとんどないものの、得意なパターンを駆使し、すでにバルサ通算で500ゴール以上を記録している。このアルゼンチン人FWの特徴とは何なのだろうか。(文:西部謙司)

メッシに先制ゴールを奪われた時点で勝負は決してしまった

ユーベはなぜ瓦解したのか。決定的な誤算、試合の趨勢決めたメッシの先制点

9月12日、17/18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のバルセロナ戦に0-3で敗れたユベントス。16/17シーズンの準々決勝ではバルサを2戦完封していたが、今回は3ゴールを許してしまった。ユーベの強固な守備組織はなぜ崩れてしまったのか。戦術的なアプローチがうまくいっていたなかで生じた誤算とは。(文:神尾光臣)

ユベントス戦で2ゴールを奪ったメッシ。先制ゴールは前半終了間際にデンベレ、スアレスとの連係から決めた

バルサ、ネイマール流出忘れる3-0快勝。ハイプレス外しのプロセスが実を結んだ先制点

9月12日、17/18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節が行われ、バルセロナはユベントスを相手に3-0で勝利した。昨季のCL準々決勝で敗れた相手から3ゴールを奪っての快勝劇は、ネイマール流出をはじめとしたネガティブな印象を忘れさせるほどのインパクトを持っていたかもしれない。(文:長坂祐樹)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top

        プッシュ通知で最新情報をお届けします

        通知許可ポップが表示されたら
        許可ボタンを押してください

        • 後で
        • 最新情報を受け取る