リオネル・メッシ

乾貴士

バルサ、戦略的劣勢を覆す圧倒的な修正力。大健闘のエイバルを自滅に導いた不要な退場

バルセロナは強かった。現地時間17日に行われたリーガエスパニョーラ第24節で、エイバルに2-0で勝利を収めた。ホームチームが徹底した対策を実行してくる中で、ピッチ上の選手たちが局面に応じて細かく修正しながら苦境を打開していく。理詰めの勝利がそこにはあった。(文:長坂祐樹)

メッシ

首位バルサが今季初の無得点に終わった理由。堅守ヘタフェの徹底したリスク排除

今季のリーグ戦24試合目で、ついにバルセロナが1つもゴールを奪えない相手が現れた。柴崎岳を擁する昇格組のヘタフェである。リーグ3位の守備力は伊達ではなかった。なぜリオネル・メッシやルイス・スアレスは沈黙したのか。そしてヘタフェはいかにして世界最強クラスの攻撃陣を封じ込めたのだろうか。(文:長坂祐樹)

メッシ

メッシ温存で浮き彫りになったバルサの課題。好調の裏で残る絶対的エースへの依存

バルセロナ対エスパニョール。この1ヶ月で3度目となる両者のダービーマッチは、最後まで白熱した展開でドローに終わった。大雨が降り、時間とともに悪化するピッチで行われた一戦でバルセロナはリオネル・メッシを今季リーグ戦初のベンチスタートに。この策から首位を走るチームに新たな課題が浮き彫りになった。(文:長坂祐樹)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top