Home » 海外サッカー » 最も大金を積まれたのは? 23/24冬の移籍金ランキング1~10位。新たな挑戦を求めた男たち

欧州サッカー 最新ニュース

欧州主要リーグの23/24シーズン冬の移籍市場が幕を閉じた。今冬も様々なビッグディールがなされたが、最高額の移籍金が支払われた選手は誰だったのか。今回はデータサイト『transfermarkt』から23/24シーズン冬の移籍金ランキングを紹介する。


10位:マルコス・レオナルド

マルコス・レオナルド
【写真:Getty Images】

生年月日:2003年5月2日
移籍先:サントス→ベンフィカ
移籍金:1800万ユーロ(約25億2000万円)
2023リーグ戦成績:31試合13得点2アシスト(ブラジル1部)


【欧州CL・ELを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】[PR]


 冬の移籍金ランキングの10位にランクインしたのは、U23ブラジル代表のセンターフォワード、マルコス・レオナルドだ。1800万ユーロ(約25億2000万円)の移籍金を投じてポルトガルの強豪ベンフィカがサントスから獲得した。

 サントスの下部組織出身のレオナルドは、2020年のトップチーム昇格後から徐々に評価を高め、2022シーズンからスタメンに定着する。2023シーズンにサントスはまさかの2部降格となったが、苦しいチーム状況の中でもレオナルドはリーグ戦31試合出場13得点2アシストの成績を残している。

 ペナルティエリア内で高い決定力を持つレオナルドはベンフィカでも力を発揮している。移籍後のリーグ戦出場は4試合でいずれも途中からとなっているが、わずかな出場時間で3つのゴールをあげており、時間にすると25分に1得点していることになる。

 今後の成長によってはブラジル代表への選出もあるかもしれない。レオナルドは多くのタレントがしのぎを削るベンフィカで存在感を示し、世界的なスター選手となるだろうか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top