フットボールチャンネル

海外サッカー 7か月前

まさに英雄! 海外クラブを救った伝説の歴代日本人選手5人。優勝や残留…。運命を変えた偉大な男たち

シリーズ:海外クラブを救った伝説の歴代日本人選手5人 text by 編集部 photo by Getty Images

海外日本人選手 最新ニュース

優勝や昇格、残留…。クラブにとって重要な局面で結果を残す選手は、自ずとサポーターの記憶に深く刻まれるものだ。今回は、海外クラブを救い、英雄的存在となった伝説の歴代日本人選手を5人ピックアップして紹介する。※成績は『transfermarkt』を参照


FW:大久保嘉人(おおくぼ・よしと)

マジョルカ時代の大久保嘉人
【写真:Getty Images】

生年月日:1982年6月9日
救ったクラブ:マジョルカ(スペイン)
通算成績:39試合5得点3アシスト


【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 スペインのマジョルカは日本人選手と縁が深いクラブの1つで、これまで3人(大久保嘉人、家長昭博、久保建英)のサムライが所属してきた。その中で最初に赤いユニフォームを身に纏った大久保嘉人は、同クラブにとっての英雄の1人と言っても過言ではない人物だ。

 2004/05シーズン、エクトル・クーペル監督率いるマジョルカは第31節終了時点で残留圏と勝ち点10差の19位に沈んでおり、1部残留はほぼ不可能と思われていた。しかし、ラスト7試合で4勝3分、勝ち点15を積み上げる怒涛の追い上げを果たし、最終的に17位で奇跡的な残留を決めてみせた。その立役者となったのが、シーズン途中に加入した大久保だったのだ。

 日本屈指の点取り屋はマジョルカでのデビュー戦で1得点1アシストをマークと衝撃的なパフォーマンスを披露したが、その試合で負傷したことも影響して以降はあまり多くの出場機会を得ることができなかった。それでも第36節アスレティック・ビルバオ戦で久々の先発を果たすと、1得点をあげ4-3の勝利に貢献。続く第37節デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦では1得点2アシストと全得点に絡む活躍でチームを3-0の勝利に導いている。最終節のベティス戦でもスタメンに名を連ねており、チームメイトとともに奇跡的な残留を祝った。

 当時のスペイン紙『エル・パイス』はデポルティーボ戦後、「大久保がマジョルカを照らす」と見出しを打ち「大久保が懐中電灯を点け、マジョルカは暗いトンネルからの脱出口を見つけた。日本人は最初の2つのゴールで決定的な働きをし、3つめのゴールの得点者でもあった。これでエクトル・クーペルのチームは最終節前に降格圏外に位置するが、このような偉業にはそれを具現化する誰かが必要であり、大久保はその役割を完璧に果たした」と伝えていた。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!