フットボールチャンネル

海外サッカー 2週間前

ケインを代える勇気がイングランド代表を動かす。なぜトニーではなくワトキンス? 監督の狙いとは【ユーロ2024分析コラム】

シリーズ:分析コラム text by 竹内快 photo by Getty Images

UEFAユーロ2024(EURO2024)最新ニュース

 UEFAユーロ2024(EURO2024)準決勝、イングランド代表対オランダ代表が現地時間10日に行われ、2-1でイングランド代表が勝利した。サッカーの母国が劇的な勝利を飾った背景には、ガレス・サウスゲート監督の英断がある。戦術や交代策などでたびたび批判を受けてきた指揮官は何を変えたのか。その采配の狙いについて考える。(文:竹内快)


イングランド代表の力攻め


【写真:Getty Images】

EURO2024はWOWOWで全試合生中継!
欧州サッカー最高峰の戦いを観るならWOWOWに加入[PR]


 かつて、籠城する相手を圧倒的な戦力にモノを言わせて攻略する「力攻め」には、しばしば相手の3倍の兵力が必要だと言われてきた。

 この試合のイングランド代表は、まさしく「力攻め」でオランダ代表を攻め落としたと言って良いだろう。チームを率いるガレス・サウスゲート監督は、1-1のドローで迎えた80分に2枚替えを敢行。ハリー・ケイン、フィル・フォーデンに代えてオリー・ワトキンスとコール・パーマーを投入した。

 驚くべきことに、この指揮官の大胆な采配がズバリ的中する。試合終了間際、右サイドでボールを持ったパーマーは大外のブカヨ・サカを囮にして、斜めに走りこんできたワトキンスにパス。オランダ代表DFステファン・デ・フライがワトキンスに対峙したが、アストン・ヴィラのエースは一瞬の隙を逃さなかった。身体をねじるようにして強烈なシュートを放ち、これがゴールネットを揺らして決勝弾に。交代選手が決定的な仕事をやり遂げ、イングランドは決勝へ駒を進めることに成功した。

 いくら何でもずるすぎる。イングランド代表は、昨季ブンデスリーガで得点王に輝いたケインとプレミアリーグ最優秀選手に選ばれたフォーデンの裏に、ワトキンスとパーマーが控えているのだ。オランダのパフォーマンスは決して悪いものではなかったが、交代選手として入ってくる選手の質に圧倒的な戦力差があった。彼らは分厚すぎる前線の選手層をフル活用し、フィルジル・ファン・ダイク、デ・フライなど名手が守るオランイェのゴールマウスをこじ開けている。
 
 しかしながら、この劇的な決勝ゴールが生まれた背景には、圧倒的な戦力差だけでなく、前述したサウスゲート監督の大胆な采配による「前線の大きな変化」がある。試合終盤に指揮官が下した決断はイングランド代表の攻撃にどんな効果を与えたのだろうか。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!