フットボールチャンネル

海外サッカー 3週間前

Jリーグ入りもあるか!? 今夏フリーとなった30歳以上の名選手10人。百戦錬磨の男たち

シリーズ:フリーで獲得可能な外国人10人 text by 編集部 photo by Getty Images

海外日本人選手 最新ニュース

 7月1日を迎えたことで、欧州サッカーは暦の上では2024/25シーズンを迎えた。新シーズンへと移り変わる中で、2023/24シーズン限りで所属クラブを契約満了となり「無所属」となった選手もいる。今回は、現在フリーの30歳以上の選手10人をピックアップして紹介する(データは7月3日現在)。


MF:チアゴ・アルカンタラ(元スペイン代表)

元スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ

【写真:Getty Images】

生年月日:1991年4月11日
前所属:リバプール(イングランド)
23/24シーズン成績:1試合0得点0アシスト

今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


“天才”チアゴ・アルカンタラも所属先がない選手の1人だ。今夏に4年間在籍したリバプールを退団している。

 バルセロナの下部組織出身のチアゴは、トップチームで公式戦100試合に出場した後、2013年夏に恩師ジョゼップ・グアルディオラを追いかけてバイエルン・ミュンヘンに加入した。2019/20シーズンには不動のレギュラーとしてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献するなど、計17のタイトル獲得に大きく貢献。スペイン代表としても46試合に出場しており、国際経験も豊富だ。

「足技で勝てる選手はいるのか」というほどに上手い選手で、ドリブルでのキープ力に視野の広さと正確なパス技術が合わさった展開力は世界随一だろう。それでもフリーとなった理由は明確で、あまりに怪我が多いのが彼の課題だ。

 チアゴが怪我で離脱をしなかったシーズンはデビュー以来なく、2023/24シーズンはたった5分間の出場に留まった。太ももや膝、ふくらはぎ、臀部、股関節とあらゆる箇所を痛めており、フィジカル的な消費が激しいプレミアリーグでこれ以上キャリアを続けていくのは難しかった。

 近年はまともに試合に出場することすら、ままならない状態が続いており、こうした事情を踏まえると、チアゴをチームの中心として獲得するクラブは限られてくるだろう。高い給与もネックで、新天地を見つけるにはいくつか乗り越えなければいけないハードルがある。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!