Home » 海外サッカー » 欧州チャンピオンズリーグ » 冨安健洋が解決した今季のアーセナルの課題。完全スタメン奪取は近いのか【CL分析コラム】

冨安健洋が解決した今季のアーセナルの課題。完全スタメン奪取は近いのか【CL分析コラム】

2023年10月25日(水)11時50分配信

シリーズ:分析コラム
text by 安洋一郎 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , ,

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)最新ニュース

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3節、セビージャ対アーセナルが現地時間24日に行われ、アウェイチームが1-2で勝利を収めた。左SBで先発フル出場した冨安健洋は攻守にわたって大活躍。その中でチームの課題を解決した得意なプレーを見せた一方で伸びしろを残している。(文:安洋一郎)


冨安健洋が先発フル出場のアーセナルが敵地で勝利


【写真:Getty Images】

 敵地でアーセナルがセビージャに2-1の勝利を収めた。

【欧州CL・ELを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】[PR]


 アウェイでの一戦だったこともあり、決して簡単な試合展開とはならなかったが、ミケル・アルテタ監督のチームで最もUEFAチャンピオンズリーグ(CL)での経験が豊富なガブリエウ・ジェズスが勝利の立役者となった。

 前半終了間際には見事なターンからスルーパスを出して先制ゴールをアシスト。後半には自らゴールを決めきり、地元紙『Football London』のレーティングではチームトップの「9」の評価(10段階評価)が与えられた。

 このブラジル代表FWに次ぐ「8」の評価を与えられたのが、左SBで先発フル出場を果たした冨安健洋だった。

 具体的にどのようなプレーが高評価に繋がったのだろうか。

1 2 3 4

新着記事

↑top