Home » 海外サッカー » プレミアリーグ » 【アーセナル分析コラム】自滅なのか? 躍進するアストン・ヴィラにやられた…。攻撃プランに影響を及ぼしたものとは

【アーセナル分析コラム】自滅なのか? 躍進するアストン・ヴィラにやられた…。攻撃プランに影響を及ぼしたものとは

2023年12月10日(日)13時31分配信

シリーズ:分析コラム
text by 竹内快 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , ,

アーセナル 最新ニュース

プレミア・リーグ第16節、アストン・ヴィラ対アーセナルが現地時間9日に行われ、1-0でアーセナルは敗れた。早々に先制されたアーセナルは、前節ルートン・タウン戦で見せたような“しぶとさ”も出せなかった。この試合でアーセナルに足りなかったものとは何だろうか。(文:竹内快)


要塞と化したヴィラパークでの一戦

プレミアリーグ第16節、アーセナルに所属するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール
【写真:Getty Images】

 アーセナルもまた、アストン・ヴィラに飲み込まれた。

【今シーズンのアーセナルはSPOTV NOWで!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中!】[PR]



 これは単純な話だが、リーグ優勝を狙う上で昨季王者マンチェスター・シティが勝ち点を落とした相手に勝利することが出来れば、アーセナルの栄冠はぐっと近づく。前節ルートン・タウン戦の終盤に生まれた劇的ゴールの副作用によりミケル・アルテタ監督がベンチに入れないイレギュラーな試合ではあったが、前節シティが敗れたアストン・ヴィラに勝利したい気持ちに揺らぎはなかったはずだ。

 しかし、ウナイ・エメリ監督率いるヴィラは伊達じゃない。前節シティに勝利したことでホームでの連勝記録が14となり、本拠地ヴィラパークはリバプールの本拠地アンフィールドに匹敵する「要塞」となっている。

 苦戦が強いられることは容易に想像できたが、蓋を開けてみるとシティほどアーセナルがヴィラ相手に苦しむ展開ではなかった。それどころか多くのチャンスを作っている。ではアーセナルが敗れた理由は何だったのだろうか。この試合でアーセナルに足りなかったものが2つある。

1 2 3 4

新着記事

↑top