フットボールチャンネル

フォーカス 3週間前

あまりにもガッカリ…。23/24シーズン、プレミアリーグ期待外れイレブン。残念な結果に終わった11人は?

シリーズ:期待外れイレブン text by 編集部 photo by Getty Images

イングランド・プレミアリーグ 最新ニュース

 2023/24シーズンのプレミアリーグではリーグMVPを獲得したマンチェスター・シティのフィル・フォーデンを筆頭に多くの選手が輝きを放った。その一方で期待を大きく裏切った選手もいる。今回はフットボールチャンネル編集部が選んだ2023/24シーズンのプレミアリーグ期待外れイレブンを紹介する(データは『Sofa Socre』を参照)。


GK:イヴォ・グルビッチ(シェフィールド・ユナイテッド)

シェフィールド・ユナイテッドGKイヴォ・グルビッチ
【写真:Getty Images】

生年月日:1996年1月18日
リーグ戦成績:9試合25失点0クリーンシート

今シーズンのプレミアリーグはSPOTV NOWで全試合配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]


 今冬にアトレティコ・マドリードからシェフィールド・ユナイテッドに加入したイヴォ・グルビッチは、残留に向けての救世主として期待されていた。しかし、結果は9試合で25失点と幾度もゴールネットを揺らされ、無失点に抑えた試合はゼロ。あまりの低パフォーマンスから最終的にウェス・フォデリンガムにポジションを奪い返されてしまった。

 シェフィールド・ユナイテッドがプレミアリーグの最多失点記録を更新するほど、チームとしての守備が酷かったのは間違いないが、グルビッチが実力不足だったのは断言できる。GKのセービング能力を可視化するデータであるPSxG-GA(被枠内シュートによる失点期待値-失点数)はリーグダントツのワーストとなる「-8.3」(期待値との比較で8.3点多く失点している)を記録。フォデリンガムもミスがあったとはいえ、彼の方がシュートストッパーとして優れていたのは明らかだった。

 特に酷かったのがバーンリーとの残留争いをかけた大一番でのパフォーマンスだ。相手GKアリヤネット・ムリッチが10本の枠内シュートを止める大活躍を披露した一方で、グルビッチは3度もニアサイドを抜かれて4失点。逆天王山での低すぎるパフォーマンスを受けて、それ以降クリス・ワイルダー監督はこのクロアチア人GKを起用することはなかった。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top