ボーンマス

ジョゼ・モウリーニョ

トッテナム、モウリーニョが見せた2つの狙い。一方で繰り返される同じ過ち…明らかになった課題とは?

プレミアリーグ第14節、トッテナム対ボーンマスの一戦が現地11月30日に行われて、3-2でホームチームが勝利をした。モウリーニョ体制後、3試合で10得点と前線が大爆発中だが、失点数が6と多いのも事実。この試合も3点を奪っておきながら2点を返されてしまい、初陣となったウエストハム戦同様の展開となった。新生トッテナムの課題が浮き彫りになった。(文:松井悠眞)

マンチェスター・シティ

マンCはなぜこんなにも強いのか? 王者たる所以、ダビド・シルバ+ラポルトの脅威

イングランド・プレミアリーグ第3節、ボーンマス対マンチェスター・シティが25日に行われた。前節のトッテナム戦でショッキングなドローに終わったアウェイチームであったが、この日は持ち前の強さを発揮し、ゲームをコントロール。見事3-1で勝利し、今季無敗を維持した。その中で輝きを放ったのはエメリック・ラポルトとダビド・シルバであった。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top