フットボールチャンネル

【アーセナル・分析コラム】前半リードで全勝の事実。接戦を確実にモノにできる理由とは?

シリーズ:分析コラム text by 安洋一郎 photo by Getty Images

アーセナル 最新ニュース

 プレミアリーグ第37節、マンチェスター・ユナイテッド対アーセナルが現地時間12日に行われ、0-1でアウェイチームが勝利を収めた。この試合でアーセナルは相手チームによりボールを支配され、多くのシュートを打たれたが、前半に生まれた先制点を守り切り狙い通りの完封勝利を収めている。なぜ守ると割り切った彼らは強いのだろうか。(文:安洋一郎)


“難所“でアーセナルが狙い通りの完封勝利

マンチェスター・ユナイテッド相手にクリーンシートを記録したアーセナルの選手たち

【写真:Getty Images】

 2000年代前半のプレミアリーグを牽引していたアーセナルとマンチェスター・ユナイテッド。イングランドを代表する2つの強豪クラブの現在のチーム状況は対照的だ。

今シーズンのアーセナルはSPOTV NOWで全試合配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]


 アーセナルは、ほぼ怪我人がいない中でプレミアリーグの優勝争いを繰り広げており、2024年に限定すると16試合で14勝1分1敗と絶好調だ。対するマンチェスター・ユナイテッドは、4人のCBと2人の左SBが引き続き起用できない上に、攻撃の核であるブルーノ・フェルナンデスとマーカス・ラッシュフォードも軽傷で離脱中。特に直近10試合は2勝4分4敗と大きく調子を落としている

 こうしたチーム状況の差から今節はアーセナルの圧倒的優位かと思われていたが、終わってみると1-0の辛勝という接戦となった。マンチェスター・ユナイテッドの本拠地オールド・トラッフォードでの試合だったとはいえ、この結果は意外と言えるかもしれない。

 スタッツに目を向けると、ホームのマンチェスター・ユナイテッドがシュート本数とボール支配率で上回っており、これだけを見ると彼らのペースで試合が進んでいたように思えるだろう。

 しかし、実際は調子がベストではなかったとはいえ、アーセナルの思惑通りの試合展開だった。今シーズンのミケル・アルテタ監督のチームは前節終了時点で前半をリードして折り返した試合は17試合で全勝。今節もそのデータ通り、20分に決まった先制点を守り切って勝利した。

 なぜ、彼らはリードした状況で圧倒的な強さを発揮するのだろうか。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top