フットボールチャンネル

フォーカス 1か月前

最高額は誰だ! サッカーU-23日本代表、市場価値ランキング11〜20位。パリ五輪を目指す日本期待の才能たち

シリーズ:日本代表市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images,2024 Asian Football Confederation(AFC)

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

日本サッカー協会(JFA)は4日、AFC U-23アジアカップ カタール2024に臨むサッカーU-23日本代表のメンバーを発表した。その中で最も市場価値が高いのは誰なのか。データサイト『transfermarkt』が算出したデータをもとに市場価値ランキングを紹介する。※市場価値は4月22日時点、金額が並んだ場合はサイトに準拠。


20位:山田大樹

U-23日本代表の山田大樹
【写真:Getty Images】

生年月日:2002年1月8日
市場価値:15万ユーロ(約2100万円)
所属クラブ:鹿島アントラーズ
2024リーグ戦成績:0試合0失点


U-23日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 鹿島アントラーズ所属の山田大樹は、昨年行われたアジア競技大会以来となる代表招集となった。

 山田は鹿島アントラーズにジュニア時代から在籍しており、トップチームに昇格した2020年にJ1初出場も記録している。ただ、鹿島は山田の他にも多数のGKを抱えており、同選手はGK4番手という位置づけに甘んじていた。2023年にレンタル移籍で加入したファジアーノ岡山でもポジション争いに敗れ、鹿島に復帰した今季もここまでリーグ戦出場なしと、出場数をあまり伸ばせていないのが現実だ。

 そんな山田は、190cmという長身を活かしたハイボール処理と正確なポジショニングセンスが光るGKだ。その点が評価され、U-15日本代表、U-16日本代表など世代別代表には何度も招集されてきた。上記の通り今季は出場機会に恵まれておらず、3月シリーズも招集外だったため、今回のアジアカップメンバー選出はサプライズと言ったところだ。

 今回U-23アジアカップに招集されたGKには小久保玲央ブライアンと野澤大志ブランドンがおり、山田は第3GKの位置づけになる。出番があるかは分からないが、プレー面でもマインドの面でもチーム全体を支えるような動きを期待したい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top