新着コラムの記事一覧

久保建英

レアル移籍の久保建英、「早熟の天才」は10年先まで活躍できるか。南米の地で課されたノルマとは?【コパ・アメリカ】 2019.06.15

サッカー日本代表は現地時間17日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)の初戦となるチリ代表戦を迎える。現在最大の注目となっているのは、レアル・マドリーへの移籍が決まったMF久保建英だ。これまで長く日本代表で活躍してきた選手は「晩熟型」が多いが、「早熟の天才」は壁を乗り越えることができるだろうか。(取材・文:元川悦子【サンパウロ】)

ブラジル代表

ブラジル代表、大勝の要因は? 見せつけた王国の実力、立役者となった二人の戦士とは【コパ・アメリカ】 2019.06.15

コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループリーグA第1節、ブラジル代表対ボリビア代表が現地時間14日に行われた。前半は無得点に終わるなど苦戦を強いられたブラジルだったが、後半は一気に3得点を奪うなど優勝候補の実力を存分に見せつけた。その中で、3-0大勝の立役者となったのは一体誰だったのだろうか。(文:小澤祐作)

20190615_jleague_getty

J1、J2、J3今節の見どころは? ヴィッセルの“初陣”に注目! J2では白熱必至の首位攻防戦も【編集部フォーカス】 2019.06.15

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第15節、J2第18節、J3第12節を迎える。徐々に勝ち点差は広がり、勢力図ができつつあるが、リーグはまだまだ続く。今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

コパ・アメリカ2019

組み合わせ・試合結果・順位表 コパ・アメリカ2019 グループリーグ 2019.06.14

サッカー日本代表が出場するコパ・アメリカ2019(南米選手権)グループリーグの試合結果・組み合わせ・順位表は下記の通り

0614nagai01

永井謙佑は速いだけではない。スピードという才能を生かす「緩」の使い方とは?【西部の目】 2019.06.14

日本代表は9日、キリンチャレンジカップ2019・エルサルバドル代表と対戦して2-0で勝利。4年ぶりの代表招集となった永井謙佑が、この試合で2得点を決めた。永井が持つスピードを生かすためには、緩急の「緩」の使い方が重要になってくる。(文・西部謙司)

0614%e5%be%a9%e8%88%88%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%8101

三浦知良、震災復興へ「みんなの気持ちがひとつになったゴール」。カズが抱いた試合前の葛藤と復興への想い【私が見た平成の名勝負(6)】 2019.06.14

国内外で数多の名勝負が繰り広げられた約30年間の平成時代。そこで、フットボールチャンネルは、各ライターの強く印象に残る名勝負をそれぞれ綴ってもらう企画を実施。第6回は平成23(2011)年3月29日に行われた「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」の戦いを振り返る。(取材・文:藤江直人)

エクアドル代表

エクアドル代表の全容とは? 日本代表と第3戦で激突。最大の強みと1つの不安要素を解説する【コパ・アメリカ主要国分析(5)】 2019.06.14

コパ・アメリカ2019(南米選手権)が現地14日に開幕する。マンチェスター・ユナイテッドに所属するMFアントニオ・バレンシアを中心としたエクアドル代表にはどのような戦力が揃うのか。今回は、日本代表とグループステージ第3戦で対戦するエクアドルを分析する。(文:河治良幸)

20190614_copamffw_getty

日本代表、コパ・アメリカ参戦メンバー23人はこれだ! 南米に挑む若きサムライたち【MF・FW編】 2019.06.14

日本代表は14日からブラジルで開催されるコパ・アメリカに参戦する。今回、サムライブルーのユニフォームをまとって戦うのは、来年の東京五輪世代の選手たちが中心となった。南米に挑む23人はどんな顔ぶれとなったのか。森保ジャパンに選ばれたメンバーを紹介する。今回はMF・FW編。

20190614_copagkdf_getty

日本代表、コパ・アメリカ参戦メンバー23人はこれだ! 南米に挑む若きサムライたち【GK・DF編】 2019.06.14

日本代表は14日からブラジルで開催されるコパ・アメリカに参戦する。今回、サムライブルーのユニフォームをまとって戦うのは、来年の東京五輪世代の選手たちが中心となった。南米に挑む23人はどんな顔ぶれとなったのか。森保ジャパンに選ばれたメンバーを紹介する。今回はGK・DF編。

0613maradona01

90年イタリアW杯決勝。マラドーナが英雄である理由。政治的重圧も屈せず、圧倒的敵地で示した存在感【私が見た平成の名勝負(5)】 2019.06.13

国内外で数多の名勝負が繰り広げられた約30年間の平成時代。そこで、フットボールチャンネルは、各ライターの強く印象に残る名勝負をそれぞれ綴ってもらう企画を実施。第5回は平成2(1990)年に行われたイタリアワールドカップ決勝・西ドイツ対アルゼンチンの戦いを振り返る。(文:粕谷秀樹)

新着記事

FChan TV

↑top