新着コラムの記事一覧

1011nakajima_getty

日本代表が試した中島翔哉のFW起用。左サイド以外に考えうる3つの選択肢が持つ可能性【西部の目】 2019.10.11

2022年カタールワールドカップのアジア2次予選が10日に行われ、日本代表がモンゴル代表に6-0の勝利を収めた。この試合で大量リードを得た日本代表は、MF中島翔哉を後半途中からFWで起用。ポルトに所属するアタッカーが生かせるポジションはどこになるのだろうか。(文:西部謙司)

1011%e3%80%90%e5%85%83%e5%b7%9d%e3%80%91%e4%bc%8a%e6%9d%b1%e7%b4%94%e4%b9%9f

日本代表・伊東純也が躍動した理由。久保建英、堂安律にはないCL経験、生まれた余裕と大胆さ 2019.10.11

2022年カタールワールドカップのアジア2次予選が10日に行われ、日本代表がモンゴル代表に6-0の完勝を収めた。この試合で先発起用された伊東純也は、右サイドから幾度となくチャンスを生み出して3アシストをマーク。UEFAチャンピオンズリーグの舞台を経験する韋駄天が、この試合でも躍動した理由とは。(取材・文:元川悦子)

日本代表

外国人が見たモンゴル戦。「『格下に国内組』は必要ない。Jリーグ選手に失礼」「アンリの名言ですが…」 2019.10.11

日本代表は10日、カタールワールドカップ・アジア2次予選でモンゴル代表と対戦し、6-0で勝利を収めた。この試合中、日本サッカーに精通するフランス人ジャーナリストのフローラン・ダバディ氏と、英国人ジャーナリストのアラステア・ヒマー氏に随時話を聞いた。(語り手:フローラン・ダバディ/アラステア・ヒマー)

日本代表

モンゴル戦、南野拓実&伊東純也が絶好調。6得点で格下を粉砕、2次予選連勝で軒並み高評価【日本代表どこよりも早い採点】 2019.10.10

日本代表は10日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の第2戦でモンゴル代表と対戦して6-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

南野拓実

南野拓実が3戦連発! 日本代表、6人で6得点…モンゴル代表下しW杯予選連勝 2019.10.10

日本代表は10日、カタールワールドカップ・アジア2次予選第2節でモンゴル代表と対戦した。

ミヒャエル・ワイス

日本代表と激突、モンゴル代表とはどんなチーム? 著しい近年の成長ぶり、警戒すべきは… 2019.10.10

日本代表は10日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の第2戦でモンゴル代表と対戦する。相手はFIFAランキング183位と格下であることに違いはないが、ここ最近の成長ぶりが著しいのも事実。森保ジャパンは主導権を握る時間帯が多くても、“一発”には要警戒である。では、日本と対戦するモンゴルとは一体どんなチームなのか。特徴や注意すべき点を解説する。(取材・文:河治良幸)

柴崎岳

久保建英のボランチ起用も一案。日本代表の深刻化する柴崎依存、格下相手に見せたい起用の幅 2019.10.10

日本代表は10日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の第2戦でモンゴル代表と対戦する。格下相手を相手に森保一監督が選んだメンバーは、1ヶ月前から2名の変更を加えたのみ。選手固定による弊害の懸念が叫ばれる中、特に深刻なのは、中盤の底で舵を取る柴崎岳への依存かも知れない。(取材・文:元川悦子)

板倉滉

板倉滉が目指す世界基準の“二刀流”。CBで主力定着の理由、欧州で磨かれた強靭な心技体 2019.10.10

東京五輪世代の期待の星が、オランダで輝いている。フローニンゲンに所属する板倉滉は、今季開幕戦からセンターバックとしてリーグ戦全試合に先発起用されている。加入直後からの半年間、全く試合に絡めなかったところから、これほどの激変が起きたのはなぜか。そして変わりつつある選手としての理想の姿とは。現地に飛んで板倉の今を追った。(取材・文:舩木渉【オランダ】)

日本代表

【日本代表スタメン案】トップ下・久保建英、1トップ・南野拓実を推す。モンゴル戦のイレブンをFチャン編集部が厳選 2019.10.10

日本代表は10日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の第2戦でモンゴル代表と対戦する。先月のミャンマー代表戦では2-0と完勝を収めた日本代表。それから約1ヶ月が経ち、今回はホーム1発目のアジア2次予選ということになる。勝利が絶対条件となるが、果たして森保ジャパンはどのような戦いを見せるだろうか。

モンゴル代表

サッカー モンゴル代表 最新メンバー一覧 2019.10.09

モンゴル代表のチーム情報、最新選手一覧、ニュースは下記の通り

新着記事

FChan TV

↑top