フットボールチャンネル

フォーカス 5日前

J1が狙う? J2で輝く若き逸材10人。恐怖と希望の移籍市場、夏の“個人昇格”は実現するか?

シリーズ:J2で輝く若き逸材10人 text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

 2024シーズンの明治安田J2リーグは折り返し地点を通過した。若い才能の成長は凄まじく、今季も多くの新しい力が台頭している。今回はJ2リーグで活躍する23歳以下の選手の中から、近い将来にJ1リーグへ飛躍するであろう選手をピックアップして紹介する。各データ・スタッツは7月7日時点の『Jleague.co』を参照。


MF:相良竜之介(さがら・りゅうのすけ)

ベガルタ仙台の相良竜之介
【写真:Getty Images】

所属クラブ:ベガルタ仙台
生年月日:2002年8月17日(21歳)
2024リーグ戦成績:21試合7得点3アシスト

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 サガン鳥栖のアカデミーで育った相良竜之介は、2021年にトップ昇格を果たしたものの、出場機会に恵まれず、2023シーズンにベガルタ仙台に期限付き移籍で加入し、J2で18試合に出場して3得点を記録した。今季から完全移籍に切り替わると、さらに存在感を増しており、ここまでリーグ戦21試合で7得点3アシストの活躍で、仙台の攻撃をけん引している。

 開幕戦の大分トリニータ戦でいきなりゴールを決めた相良は、レギュラーとしての地位を確立し、コンスタントに結果を残した。第22節の栃木SC戦では、プロキャリアで初の1試合2得点を記録して、さらに勢いに乗っているところだ。

 左サイドハーフとしてプレーすることが多い相良は、中にカットインして右足でシュートを放つ形を得意としている。元イタリア代表のアレッサンドロ・デル・ピエロが得意としたゴールから左斜め45度の位置は、ファンの間で「相良ゾーン」と呼ばれ、そこでボールを持つと観客の期待が最高潮に達する。

 第10節・モンテディオ山形との東北ダービーで得意の形から得点を奪った際、森山佳郎監督は試合後に「今年は本当に大きな成長を遂げている。もともと私も年代別の日本代表で見ていた選手で、鳥栖のユースでしかけることが得意な選手だったのですが、あそこから抜ききらずシュート、みたいなところが今シーズンはかなり、シュート練習でも片渕(浩一郎ヘッド)コーチと毎日やってくれている」と、クラブ公式サイトで急成長の理由を語っていた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!