新着コラムの記事一覧

リオネル・メッシ

レアルもバルセロナも番狂わせの理由は…? 久々に猛威を振るうもう1つの“ウイルス”、浮き彫りになった両軍の課題 2020.10.18

レアル・マドリードとバルセロナが、国際Aマッチウィーク明け最初の試合で揃って敗れた。前者は昇格組のカディスに、後者は1試合限定でクラブ名を変更したヘタフェに、ともに0-1で屈した。一体なぜ、このタイミングで番狂わせが起こったのだろうか。そして、敗戦から見えてきた2強の課題とは…。(文:舩木渉)

1018Guardiola_getty

アーセナルは赤子扱いだが…マンCは成熟か退化か。師弟対決完勝も、グアルディオラが放棄したもの 2020.10.18

プレミアリーグ第5節、マンチェスター・シティ対アーセナルが現地時間17日に行われ、1-0でシティが勝利した。シティは前半、圧倒的なボール保持率で攻め続けたが、後半は相手にボールを持たせる時間も長かった。ペップ・グアルディオラ監督が就任して5年目を迎えたシティは過渡期に入っているのかもしれない。(文:本田千尋)

ミラン

ミランが強い! 4年ぶりインテル撃破、イブラヒモビッチにも負けず劣らずの輝きを放ったのは? 2020.10.18

セリエA第4節、インテル対ミランが現地時間17日に行われ、1-2でアウェイチームが勝利している。実に4年ぶりにリーグ戦における「ミラノダービー」を制したミランは、これで無傷の開幕4連勝。今季は一味違う。では、なぜライバル相手に勝ち切ることができたのか。(文:小澤祐作)

1018JamesRodriguez_getty

エバートン対リバプールは激熱展開。ハメス・ロドリゲスは抜群に巧いが…王者が狙い続けた弱みとは 2020.10.18

プレミアリーグ第5節、エバートン対リバプールが現地時間17日に行われ、2-2の引き分けに終わった。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による2度のオフサイド判定は物議を醸している。しかし、試合内容に目を向ければ、歴史あるマージーサイドダービーに相応しい見応えのある攻防が繰り広げられていた。(文:加藤健一)

1018ManchesterUnited_getty

マンUはまだいける。4発勝利の中で見えたブルーノ・フェルナンデス、ポグバ、ファン・デ・ベーク共存の可能性 2020.10.18

プレミアリーグ第5節ニューカッスル・ユナイテッド対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は1-4でアウェイチームが勝利を収めた。今季1試合未消化のマンチェスター・ユナイテッドは、戦前の段階では3試合中1試合しか勝利を収めていない。そのためこの試合は敵地セントジェームスの一戦とはいえ、絶対に負けられない重要な一戦だった。さて、そんな大切なゲームで、どのように勝ち点3を手にしたのか。そしてチームとしての収穫はあったのだろうか。(文:内藤秀明)

キリアン・ムバッペ

ムバッペはデータでもすごい。難病の8歳少年に捧げたゴール、PSGはネイマール不在でも強い 2020.10.17

リーグ・アン第7節、ニーム対パリ・サンジェルマン(PSG)が現地時間16日に行われ、0-4でアウェイチームが勝利している。PSGはこの日、ネイマールやマルコ・ヴェラッティ、マルキーニョスらが不在となっていたが、若きエースのキリアン・ムバッペが見事に躍動。マンチェスター・ユナイテッド戦に向け勢いをつけた。(文:小澤祐作)

20201009_daihyo_jfa

日本代表で誰も輝けないポジションがある。Jリーグ勢も人材難、望み薄なW杯での上位進出【英国人の視点】 2020.10.17

日本代表は9日にカメルーン代表、そして13日にコートジボワール代表と対戦し、1勝1分の成績を収めている。冨安健洋と吉田麻也のCBコンビが無失点で2試合を乗り切るなど、ユトレヒトでの活動でポジティブな部分も得られた。一方で、依然として重要な問題点は解決できず。それが、ストライカー不足だ。(文:ショーン・キャロル)

Jリーグ

J1、J2、J3今節の見どころは? 川崎フロンターレ対名古屋グランパス、再び11連勝阻止なるか? 2020.10.17

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第23節、J2第27節、J3第22節を迎える。その中で、今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころなどをピックアップした。

CLロゴ

グループリーグ順位表 UEFAチャンピオンズリーグ20/21(欧州CL)<組み合わせ・試合結果・日程> 2020.10.16

UEFAチャンピオンズリーグ2020/21グループリーグの日程・結果・組み合わせ・順位表は下記の通り。

1016Arteta_getty

アーセナルの名将アルテタ、その名采配の全貌。夢見ずにはいられない完成度のチームを分析 2020.10.16

アーセナルはプレミアリーグ第4節終了時点で4位。リバプール戦こそ敗戦を喫したが3勝1敗と悪くない結果を残している。しかも内容が例年と違う点も興味深い。そこで今回は若きアーセナルの名将ミケル・アルテタの采配がもたらした効果効用について解説していきたい。(文・内藤秀明)

新着記事

↑top