新着コラムの記事一覧

20201027_milan_getty

首位ミランはローマにも不可解な主審にも負けない。イブラヒモビッチ効果により輝く若き才能とは 2020.10.27

セリエA第5節、ミラン対ローマが現地時間26日に行われ、3-3のドローに終わっている。開幕5連勝を狙ったミランだが、残念ながら勝ち切ることはできなかった。ただ、不可解な判定にも負けず、アンテ・レビッチ負傷により出番を得た男の活躍などもあるなど、決してネガティブなドローではなかった。(文:小澤祐作)

1027Nagasawa_getty

浦和レッズは前進している。改革元年の成果を検証、目を引くセンターラインの役割【週刊J批評】 2020.10.27

明治安田生命J1リーグ、浦和レッズ対セレッソ大阪が24日に行われ、浦和が3-1で逆転勝利を収めている。強化体制を一新した浦和にとって今季は3年計画の元年に当たるが、最近の好調の理由はどこにあるのだろうか。(文:河治良幸)

1027Kessie

首位ミランに君臨する中盤が登場! 世界最高の活躍を見せたMFは? MF活躍度ランキング6〜10位(9月版) 2020.10.27

フットボールチャンネル編集部では、欧州主要リーグで活躍した選手のランキングを各ポジションで月ごとに作成。今回は9月の6位~10位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)

ダビド・ルイス

アーセナル、プラン崩壊の原因は…。早くも今季3敗目、レスターが示した倒し方 2020.10.26

現地25日にプレミアリーグ第6節が行われ、アーセナルはレスターに0-1で敗れた。ミケル・アルテタ監督とブレンダン・ロジャース監督が演じた戦術合戦は、思わぬ形で大きく動いた。なぜアーセナルは敗れてしまったのだろうか。(文:舩木渉)

1026Dybala_getty

ユベントスは何に苦しめられている? 手探りが続くピルロ監督がはまった敵将の術中 2020.10.26

セリエA第5節、ユベントス対エラス・ヴェローナが現地時間25日に行われ、1-1の引き分けに終わった。アンドレア・ピルロ監督が就任したユベントスは、ここまで2勝3分で5位と苦しんでいる。選手が入れ替わり、チームは転換期を迎えているが、その先に出口は見えるのだろうか。(文:本田千尋)

久保建英

久保建英は何もできなかった上に…。レアル封じの守備に歯が立たず、交代直前に露呈した甘さとは? 2020.10.26

ラ・リーガ第7節、カディス対ビジャレアルが現地時間25日に行われ、0-0のドローに終わっている。日本代表MF久保建英はこの日、待望の移籍後リーグ戦初先発を飾った。しかし、インパクトを残すことは叶わず。一方、ある場面では少し甘さを露呈してしまった。(文:小澤祐作)

1026Everton_getty

なぜ? エバートン完敗の理由は…。失われたハメス・ロドリゲスとキャルバート=ルーウィンの輝き 2020.10.26

プレミアリーグ第6節、サウサンプトン対エバートンが現地時間25日に行われ、2-0でサウサンプトンが勝利した。ここまで4勝1分で首位に立つエバートンだったが、サウサンプトンも4戦無敗。好調なチーム同士の対戦となったが、サウサンプトンが終始試合を有利に進め、エバートンに反撃のチャンスを与えなかった。(文:加藤健一)

1026Oriveira

中島翔哉の同僚が連続ゴール! 世界最高の活躍を見せたMFは? MF活躍度ランキング1〜5位(9月版) 2020.10.26

フットボールチャンネル編集部では、欧州主要リーグで活躍した選手のランキングを各ポジションで月ごとに作成。今回は9月の1位~5位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)

冨安健洋

冨安健洋に突きつけられた課題。ボローニャ3連敗、泥沼をかき分けた先に待つものは… 2020.10.25

現地24日にセリエA第5節が行われ、ボローニャはラツィオに1-2で敗戦。これでリーグ戦3連敗となった。開幕から全試合に先発フル出場している日本代表DF冨安健洋はどんなパフォーマンスを披露したのだろうか。(文:舩木渉)

1025Messi_getty

バルセロナは空っぽ。無観客のエル・クラシコでレアルに完敗、今までのメッシだったら… 2020.10.25

ラ・リーガ第7節、バルセロナ対レアル・マドリードが現地時間24日に行われ、バルセロナは1-3で敗れている。先制された直後にアンス・ファティのゴールで追いついたものの、その後の攻撃陣は不発に終わった。(文:本田千尋)

新着記事

↑top