新着コラムの記事一覧

190417_kubo_getty

世界が注目する久保建英、その成長の跡とは? “間違い”を誘う技術、敵陣以外でも増す凄み 2019.04.17

明治安田生命J1リーグ第7節が14日に行われ、ホームのFC東京が鹿島アントラーズに3-1で勝利した。前半で3点を奪った東京だったが、試合の流れを引き寄せた2点目、3点目のロングカウンターの起点になったのは、自陣にいたMF久保建英。バルセロナなどビッグクラブも注視すると言われ、海外の報道も過熱してきた逸材が見せた、成長と凄みとは?(取材・ 文:下河原基弘)

プレイヤーランキング

世界最高の輝きを放った守護神は誰だ! ポジション別プレイヤー活躍度ランキング!(5位~1位/3月版・GK編) 2019.04.17

フットボールチャンネル編集部では、月ごとのポジション別選手ランキングを選定中。今回はゴールキーパー(GK)編の5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

190416_ominami_getty

磐田DF大南拓磨は『きっかけ』を無駄にしない。傷心に届いた声援、打ちのめされて芽生えたもの 2019.04.16

開幕からなかなか結果が出ていないジュビロ磐田だが、DF大南拓磨のパフォーマンスは決して悪くない。今季は主力として戦い、センターバックの一角で堂々たるプレーを披露。第3節・大分トリニータ戦ではレッドカードを受けるなど散々だったが、その時のある出来事が大南をさらに逞しくさせた。第7節・清水エスパルスとの静岡ダービーでは失点に絡んだものの、この日の90分間もまた彼に『きっかけ』を与えるのではないだろうか。(取材・文:青木務)

鄭大世

清水・鄭大世が走り続ける理由「僕は夢を見ている」。サッカーで掴んだ両手いっぱいの幸せ 2019.04.16

サッカーは夢を与えられるのか。その問いに正しい答えはあるのだろか。1本の記事をきっかけ生じた疑問を、清水エスパルスのFW鄭大世にぶつけた。酸いも甘いも噛み分けた35歳は、サッカーで見た夢と幸せについて惜しみなく語ってくれた。(取材・文:舩木渉)

190410_icatch_getty

J1新加入期待の外国人選手5人(3)。バルサ化の伝道師らスペイン、ブラジルの実力者が来日【編集部フォーカス】 2019.04.16

2019シーズンのJリーグが開幕した。どのチームも戦力補強に余念がなく、多くの選手が新天地を求めた。そして、日本に活躍の場を移した外国人選手も多い。それぞれのチームで彼らはどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。

選手ランキング

世界最高の輝きを放ったCBは長谷部誠! ポジション別プレイヤー活躍度ランキング!(5位~1位/3月版・CB編) 2019.04.16

フットボールチャンネル編集部では、月ごとのポジション別選手ランキングを選定中。今回はセンターバック(CB)編の5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

ジョアン・シミッチ

名古屋の新たな心臓はジョアン・シミッチ。超優良助っ人が秘める「予知能力」の秘密 2019.04.15

昨季は残留争いに巻き込まれた名古屋グランパスだが、今季は様子が違う。7試合を終えて4勝1分2敗で勝ち点13を積み上げて4位につけている。その好調を支えているのが、今季から加入したセントラルMFの2人。そして、特にブラジル人のジョアン・シミッチが際立った能力の高さで攻守に絶大な貢献を見せている。(取材・文:舩木渉)

モハメド・サラー

リバプールの悲願達成へ、チェルシーの息の根を止めたのは…。希望もたらした圧巻のサラー 2019.04.15

プレミアリーグ第34節、リバプール対チェルシーの一戦が現地時間14日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。リーグ制覇へ向けて最大の山場と言われていたチェルシー戦を完勝で乗り切ったリバプールは、悲願達成へ望みをつないだ形となった。チームに大きなものをもたらしたのは、やはりあの男だった。(文:小澤祐作)

190415_kagawa_getty

香川真司は何を思うのか? ベシクタシュで残されたわずかな時。言葉に滲む異郷での“幸せ” 2019.04.15

ベシクタシュのMF香川真司は13日、トルコリーグ第28節のイスタンブール・バシャクシェヒル戦で61分に投入。守備的な役割を求められ、2-1のリードを守りきることに貢献した。冬の移籍市場において期限付きで加入し、残り6試合。ベシクタシュで過ごす時間はわずかだが、香川真司は何を思うのか?(取材・文:本田千尋【イスタンブール】)

名前が難しいJリーガー

難しすぎる名前のJリーガー5人。勝手に想像!その名に込められた意味とは?(2)【編集部フォーカス】 2019.04.15

時代が進むにつれてどんどんとバリエーションが豊かになってきた人の名前。いわゆる“キラキラネーム”と呼ばれる名前だけでなく、常識を覆すような珍しい名前や、単純に読解が困難な漢字が用いられる場合も多数存在する。今回は珍しい名前をもつJリーガーを5人集め、漢字の読み方や意味から名前に込められた意味、思いを勝手に想像した。読み方の難易度を5段階に分けたので、クイズとしてもどうぞ!(※漢字の読み方は主に新漢語林を参照。大辞泉を参照した場合はその都度記載します)

新着記事

FChan TV

↑top