新着コラムの記事一覧

エミル・サロモンソン

広島の新戦力サロモンソンは「子供に話してあげたい、そんな選手」。母国で特別な存在となった理由 2019.02.19

サンフレッチェ広島に加入したスウェーデン出身のエミル・サロモンソン。母国スウェーデンの名門IFKヨーテボリで長く活躍し、地元の人々にとっては一選手を超えた存在だという。その背景には難病を乗り越えた強さや、ピッチ外での人柄がある。北欧サッカーに精通する記者がサロモンソンの人物像を伝える。(取材・文:鈴木肇)

181218_jubilo_getty

磐田、最大の補強は怪我人の復帰? 補強・総合力ともに低評価も…選手は粒揃い【2019年Jリーグ補強診断】 2019.02.19

2019年のJ1リーグが間もなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、昨季16位と低迷したジュビロ磐田を取り上げる。

190218_icatch2_getty

世界級の争い!? J1得点王候補5人。スペイン、ブラジル…激戦に日本代表FWも食い込むか【編集部フォーカス】 2019.02.19

2019年のJ1リーグが間もなく開幕する。今季も世界的なストライカーが来日し、ゴールを量産することが期待される。そして、日本人FWにも活躍してもらいところだ。今回フットボールチャンネル編集部では、J1得点王候補の5選手をピックアップした。

清水エスパルス

清水、補強・総合評価ともに上がらず。北川らで織りなす攻撃陣は魅力、一方で課題は?【2019年Jリーグ補強診断】 2019.02.18

2019年のJ1リーグがまもなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、ヤン・ヨンソン体制2年目を迎える清水エスパルスを取り上げる。

190215_matsumoto_getty

松本、4年ぶりJ1挑戦。総合力はE評価、大量補強も経験値に不安。残留は知将の手腕次第【2019年Jリーグ補強診断】 2019.02.18

2019年のJ1リーグが間もなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、4年ぶりにJ1復帰を果たした松本山雅FCを取り上げる。

190215_icatch_getty

J1新加入期待の外国人選手5人(後編)。韓国のニュースターなど、各国代表経験者が来日【編集部フォーカス】 2019.02.18

今季のJリーグが間もなく開幕する。どのチームも戦力補強に余念がなく、多くの選手が新天地を求めた。そして、日本に活躍の場を移した外国人選手も多い。それぞれのチームで彼らはどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。

パウロ・ディバラ

ユベントスの“宝石”が再生。圧巻のパウロ・ディバラ、背番号10がチームにもたらすものとは 2019.02.16

セリエA第24節、ユベントス対フロジノーネの一戦が現地時間15日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。この日もエースであるクリスティアーノ・ロナウドが得点するなど、ユベントスは持ち前の強さを披露。そんなチームのなかでひと際目立った活躍を見せたのが、パウロ・ディバラだった。背番号10の再生は、ユベントスにとってどういったものをもたらすのだろうか。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

190216_kagawa_getty

香川真司、周囲に信頼されてこそ生きる能力。トルコで手に入れた自分を表現できる環境 2019.02.16

トルコ・スュペルリグ第22節が現地時間15日に行われ、香川真司が所属するベシクタシュは敵地でマラティヤスポルと対戦し、2-1と勝利した。香川は62分から途中出場し、得点にも絡んだ。少しずつ出場時間を延ばしながらチームに貢献している。(文:青木務)

湘南ベルマーレ

湘南、積極的補強で期待値「大」。昨季からの加速を、踏み出したいJ1定着への第一歩【2019年Jリーグ補強診断】 2019.02.15

2019年のJ1リーグが間もなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、昨季YBCルヴァンカップを制した湘南ベルマーレを取り上げる。

背番号15

半端ない背番号15を背負った10人。新たな少年の憧れとなるか? 歴代の日本代表&世界の代表選手【編集部フォーカス】 2019.02.15

現在の日本代表では大迫勇也が背負っている15番。今回は、日本が出場したワールドカップ6大会で15番を背負った歴代の日本代表選手4人を紹介。さらに、昨年のロシアワールドカップで15番をつけた海外の6選手も紹介する。守備的な選手が付けることの多い“背番号15”は、「半端ない」大迫勇也が背負うことで新たに日本のサッカー少年たちの憧れとなるか?

新着記事

FChan TV

↑top